Results 1 - 10 of 64 (Sorted by date)
Submission to Policy Process

Padang City, the capital of West Sumatra Province, has a population of 982,884 people as of 2021. A field study was carried out and showed that waste generation in the city reached 660.50 tonnes/day while the volume of waste disposed of at the Tempat Pemrosesan Akhir (TPA: final disposal site in Bahasa Indonesia) Aia Dingin in 2021 was 478 tonnes...

Submission to Policy Process

Kota Padang, ibu kota Provinsi Sumatera Barat, berpenduduk 982.884 jiwa per tahun 2021. Studi lapangan yang dilakukan menunjukkan bahwa timbulan sampah di kota tersebut mencapai 660.50 ton/hari sedangkan volume sampah yang dibuang di Tempat Pemrosesan Akhir (dalam Bahasa Indonesia disebut Tempat Pembuangan Akhir/TPA) Aia Dingin pada tahun 2021...

Submission to Policy Process
Author:
克也
川本
佐々木

本ガイドラインは、アジアの開発途上国の都市において、主に家庭廃棄物と商業廃棄物であるMSWを対象とするWtE焼却技術に焦点を当てている。本ガイドラインは、WtE焼却について明確に理解する上で参考になる付加的な知識や情報を求める、国および都市レベルの意思決定者および政策立案者、住民やその他関係者が、廃棄物管理の改善に役立つ適切な選択肢としてWtE焼却技術導入の実現可能性について検討するのを支援することを目的としている。本ガイドラインは、
以下のことを提供する。
(1)WtE焼却技術を、そのメリットとデメリットを含め全体的に理解できるようにし、持続可能なWtE焼却プラントを計画する上での技術的および非技術的側面について説明する。
(2)WtE焼却技術の導入可能性を検討する際に...

Submission to Policy Process

本ガイドラインは、アジアの開発途上国の都市を対象に、有機性廃棄物の発生源での分別と、都市廃棄物処理施設における好気性発酵による堆肥化の活用を図ることに焦点を当てている。
またこのガイドラインは、堆肥化の妥当性を検討するための技術的知見をほとんど、あるいは一切持っていない地方の政策立案者や意思決定者を対象に、廃棄物処理の改善に向けての適切な戦略の選択肢としての堆肥化の導入について、その実現可能性の評価を支援することを目的としている。
このガイドラインは、
(1)堆肥化についてその長所と短所、および持続可能な堆肥化の立案のための技術的および非技術的側面について必要となる諸条件を始めとする堆肥システムの全体像を説明し、

Submission to Policy Process
Author:
Anh-Tuan
Nguyen
Louise
Guibrunet
Marinella
Davide
Pamela
Fennell
Peter
Jones

Da Nang City has become the fastest growing city in Vietnam in recent years with a projected increase in urban area and population in line with rapid economic growth. In the face of climate change, one of the greatest challenges mankind has ever faced, the government of Vietnam announced its commitment to carbon neutrality by 2050 at COP26 to meet...

Keywords:
Submission to Policy Process
Author:
国連経済社会局(UNDESA)
国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局
日本国環境省
国連大学(UNU)
地球環境戦略研究機関(IGES)

「第3回パリ協定と持続可能な開発のための2030アジェンダの相乗効果の強化に関する国際会議」のために作成された本バックグラウンドノートは、1) シナジーとトレードオフについて何が知られているか、 2) 気候変動とSDGsに対する野心を高め、進歩を加速させるために既存及び新たな知識を統合するために何ができるか、という2つの問いに答えるものとなっている。都市システムにおける相乗効果を示す強力なエビデンスが示される一方、他分野ではそれは断片的である。特定の状況における相互関係に光を当てるために、コベネフィットや水・食料・エネルギーのネクサス(WFEN)ツールを利用する可能性を強調するとともに、エビデンスを行動に移すためのイネイブリング・エンバイロンメントの形成の重要性を強調している。

Submission to Policy Process
Author:
United Nations Department of Economic and Social Affairs
United Nations Framework Convention on Climate Change secretariat
Ministry of the Environment of Japan
United Nations University
Institute for Global Environmental Strategies

This conference background note is developed for the Third Global Conference on Strengthening Synergies between the Paris Agreement and the 2030 Agenda for Sustainable Development. The note aims to address two questions: 1) What is known about synergies and trade-offs? and 2) What can be done to consolidate existing and emerging knowledge on these...

Submission to Policy Process
Asia and the Pacific Regional Multi-Stakeholder Consultation for Stockholm+50

At the Stockholm50 Regional Multistakeholder Consultations for the Asia-Pacific, IGES’ Yasuhiko Hotta co-facilitated Parallel Working Group 1 on plastics. The Asia-Pacific, particularly Southeast/East/South Asia has emerged as both a major source & a hotspot of plastic pollution. At the UN Environment Assembly (UNEA), countries agreed to end...

Submission to Policy Process

持続可能な開発目標(SDGs)が定めた2030年という期限を前に、世界はすでに「決定的な10年」とも言うべき期間に突入している。これは、持続可能な未来の実現に向けた残り時間がなくなりつつあることを示している。2022年のハイレベル政治フォーラム(HLPF)、アジア太平洋持続可能な開発フォーラム(APFSD)および関連フォーラムでは、SDGs5つの目標(SDG 45141517)についての詳細な検討が予定されている。「すべての人の持続可能な未来を実現するためのプラネタリー・バウンダリーを超えない暮らし」を実現するために、これらの目標の達成に向けて、IGES、政策立案者、企業、市民社会、その他の関係者が取るべき方策を、キーメッセージとして示す。