Results 1 - 10 of 58 (Sorted by date)
Book
Author:
Suneetha
Subramanian
Maiko
Nishi
Miyuki
Noguchi
The purpose of this guide is to introduce the concept of landscape and seascape approaches (henceforth, “landscape approaches” for ease of reading), and how they can be applied to national biodiversity strategy and planning. Although it is written from the point of view of biodiversity conservation, it is aimed at all the many sectors that affect...
Book
Author:
Ram
Avtar
For eternity, water resources have proven to be the key to inclusive social development and human well-being. However, the spatio-temporal variation of this finite resource over various landscapes makes it prone to misuse and mismanagement. Rapid global changes such as urbanization, population growth, socio-economic change, change in lifestyle...
Book
かつて世界市場の過半を占めた日本の太陽光パネルメーカーのシェアは大幅に低下し、拡大する電気自動車の世界市場では上位 10 社に日本メーカーの姿はありません。電力供給に占める再生可能エネルギーの割合は 20%あまりにとどまり、石炭火力への依存が続いています。脱炭素・脱化石燃料に向けた必要な改革と投資が遅れています。日本の脱炭素に向けた構造改革は滞り、気候変動対策の野心的目標や、再生可能エネルギー拡大のための制度改革や送電網整備は遅れています。二酸化炭素排出に価格をつけるカーボンプライシング(炭素の価格付け) の導入も先送りされています。今や日本の気候・産業政策は世界の周回遅れで、ガラパゴス的状況です。本書は、世界各国の動きや地域からの取り組みを視野に入れて...
Book
変化が激しく、またその予見が難しい地球環境やそれにともなう社会·経済の変化の中で、企業はその存続のために対応を迫られています。こうした状況下で、環境(E)・社会(S)・企業統治・ガバナンス(G)、いわゆるESGを経営方針や投資判断に組み入れるアプローチは、有用な手法の1つとして活用されています。 本書の特徴は、「ESGにどのように取り組むか」のみならず、「なぜESGに取り組む必要があるのか」について、国際的な動向や科学的視点も含めて解説している点です。構成は次のとおりです。第1章でESGの基本的な点を「質問と答え」というかたちで整理しています。第2章では特にカーボンニュートラルに向けた取り組みの観点から、投資家と企業の関係を解説しています。第3章では、近年ESGが注目されている背景について...
Book
ー JCLP の知見や活動の軌跡が詰まった書籍が日本経済新聞出版社より発行されました ― 経営の意思決定精度向上に向けた、脱炭素経営入門書  「なぜ、海外の企業・投資家と、  日本企業や投資家との間に、 取り組みレベルの大きなギャップがあるのか」  「なぜ、一部の日本企業は、  脱炭素化に逆行する投資や意思決定を行ってしまうのか 」  過去10年にわたり、国際的な気候変動と企業の取り組み、そして日本との温度差について検討し続けた著者が  これらの疑問を深めるうえで獲得した知見を体系的に整理した。今後、脱炭素経営に関心をもつ全てのビジネスパーソン  の基礎となることをめざした、日本初の脱炭素経営の体系的な入門書。   本書の特色と価値  ー 気候変動が企業価値に影響する背景・経路...
Book
Water
Editor:
This special Issue gives a holistic picture of opportunities and challenges for managing the urban water environment in terms of quality or quantity in a sustainable manner. It provides valuable information about sustainable water resource management in the urban landscape, which is very much useful for policy-makers, decision-makers, local...
Book
世界各国が本気で取り組む「温室効果ガス排出削減」 本当に達成できるの?そもそも必要あるの?専門家に徹底取材! ○2021年はカーボンニュートラル元年! ○世の中の取り組み、再生エネルギーや企業や個人の行動に注目が集まっている! ○本書では、「脱炭素とは何か」を脱炭素に向けどのような立場の人がどのように関わっているかについてマンガで解説します。 ○地球環境戦略研究機関(IGES)、WWF、電力会社、ハウスメーカー、など、 さまざまな立場の人に話を聞いていきます。 ○具体的な取り組みを紹介していくことで、SDGsの最重要課題が、サクッとわかります。 内容説明 いま、世界が一丸となって取り組んでいるテーマが脱炭素。地球温暖化を防ぐために、二酸化炭素の排出量を減らすこと...
Book
Editor:
This book provides policymakers, researchers, and other interested audiences with knowledge on how to quantify and integrate and advance co-benefits in their decisions. It begins with an introductory chapter that provides an overview of the concept of co-benefits. This followed by a section that details quantitative approaches to estimate co...
Book
Author:
AL
Ramanathan
S
Chidambaram
MP
Jonathan
MV
Prasanna
F.M.
Arriola
The whole world has been on intermittent lockdowns due to the present COVID-19 pandemic. The industrial deacceleration caused by the pandemic has affected everyone without distinction of wealth, religion, or nationality. Also, the pandemic has evidenced how socio-environmental processes have been altered or accentuated, relieving the environment...