Results 1 - 10 of 12 (Sorted by date)
Conference Proceeding
4th International Conference on Climate Change
Author:
R. Kotru, ICIMOD
D. Mohan, TERI
N. Heider, BCAS
The study on adaptation effectiveness indicators has been carried out by the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) in collaboration with national partners such as BCAS, ICIMOD and TERI in the Gangetic basin with the Strategic Environment Research fund of the Ministry of Environment, Government of Japan (S8). The study follows the...
Conference Proceeding
Contents:(1) State and the Community in Water management Case of the Damodar Valley Corporation, India by Kuntala Lahiri-Dutt(2) Rewarding Communities for Keeping Rivers Clearn? First Steps in a River Care Program in West Lambung-Indonesia by Rudy Harto Widodo, S. Suyanto et. al.(3) Consumers Education, Representation and Participation in...
Conference Proceeding
Editor:
Hermann E. Ott
Karin Holl
"Climate Policy 2005 and Beyond: Japanese-German Impulses" was held on 1 November 2005 in Tokyo as part of the events taking place during the Germany year in Japan 2005/2006. This conference, commissioned by the German Federal Ministry for the Environment, Nature Conservation and Nuclear Safety (BMU) was co-organised by the Wuppertal Insititute for...
Conference Proceeding
Proceedings of the International Workshop on "Business and the Environment" 2005 on 22 November, 2005. In Japanese.IGES関西研究センターは、財団法人兵庫県環境クリエイトセンターとともに、日本におけるドイツ年事業の一環として、2005年11月22日に、2005年度「産業と環境」国際ワークショップをJICA兵庫国際センター(神戸市内)で開催した。今回のワークショップでは、ドイツからのゲストスピーカー2名、日本から研究者3名による、合計5つの発表が行われた。また、総括セッションでは、日独の循環ビジネスにおける現状と今後のあり方について活発な議論が展開された。ドイツ側の報告では...
Conference Proceeding
Conference Proceeding
IGES関西研究センターのプロジェクトリーダーである神戸大学教授の國部克彦氏による基調講演では、環境会計が環境マネジメントだけではなく企業経営全般にとって重要であることが明示された。 日本政府による2つの取り組みが、日本企業の行動の変化に大きな影響を与えている。まず、環境省(MOE)の環境会計ガイドラインは、企業が環境報告書を通じて、環境会計情報の第三者への開示を増やすことを意図したものである。環境省による取り組みの一方で、経済産業省(METI)も取り組みを開始している。経済産業省による取り組みの結果として、さまざまな環境管理会計手法が開発された。これらの手法の中で、特にマテリアルフローコスト会計(MFCA)が将来的に有望な手法であると考えられている。...