Results 1 - 10 of 41 (Sorted by date)
Commissioned Report

In the last few years, marine debris and plastic pollution have emerged as policy priorities in the ASEAN region. Political leaders have repeatedly expressed their determination to address these issues and in the last couple of years several ASEAN Member States (AMS) have adopted dedicated action plans.  AMS governments have also declared their...

Commissioned Report

This Final Commission Report was prepared for the National Institute for Environmental Studies as part of the outputs for the PoDIWM Project on "POLICY DIALOGUE & NETWORK BUILDING OF MULTI‐STAKEHOLDERS ON INTEGRATED DECENTRALIZED DOMESTIC WASTEWATER MANAGEMENT IN ASEAN COUNTRIES" led by NIES. IGES Team works as an international consultant for the...

Commissioned Report

This Final Commission Report was prepared for the National Institute for Environmental Studies as part of the outputs for the PoDIWM Project on "POLICY DIALOGUE & NETWORK BUILDING OF MULTI‐STAKEHOLDERS ON INTEGRATED DECENTRALIZED DOMESTIC WASTEWATER MANAGEMENT IN ASEAN COUNTRIES" led by NIES. IGES Team works as an international consultant for the...

Commissioned Report

This Final Commission Report was prepared for the National Institute for Environmental Studies as part of the outputs for the PoDIWM Project on "POLICY DIALOGUE & NETWORK BUILDING OF MULTI‐STAKEHOLDERS ON INTEGRATED DECENTRALIZED DOMESTIC WASTEWATER MANAGEMENT IN ASEAN COUNTRIES" led by NIES. IGES Team works as an international consultant for the...

Commissioned Report

The increasing frequency of heavy rainfalls and severe typhoons is said to be caused by the adverse effects of climate change. Among various climate change risks, physical damages by natural disasters in Japan are increasingly being acknowledged by the public and have been investigated in many studies. However, studies from overseas have pointed...

Keywords:
Commissioned Report
Author:
Masahiro
Amano
Atsuhi
Sato

本中間評価報告書は、環境研究総合推進費(2-1909)のサブテーマ4「土地利用変化時の土壌炭素量変化に関するインベントリ算定の実装に関する研究」の中間研究成果を取りまとめたものである。2019年4月に提出されたUNFCCC附属書Ⅰ国(先進国)による最新の温室効果ガスインベントリ(NIR、CRF )を収集し、開発地への変化に伴う土壌炭素量変化、及び土地利用変化データの把握に関する算定方法について調査、整理した。加えて、2019年9月末時点に提出されたUNFCCC非附属書Ⅰ国(途上国)のインベントリも収集し、土壌炭素量変化の報告状況を調査した。本研究課題のESM法を用いた開発地への転用に関する土壌炭素量変化係数の設定については、他に事例のない先駆的な研究事例であり...

Commissioned Report

気候変動による気象災害のリスクが高まると予測されている中で、災害に備える「適応」と将来の災害ハザードを低減する「緩和」の両面を考える「気候変動×防災」の視点から現状と課題を共有し、今後の検討の進め方について議論することを目的として、「気候変動×防災」国際シンポジウム及び専門家ワークショップの開催が予定されている。本報告書は、これら会合に関する支援業務の結果をまとめたものである。

Keywords:
Commissioned Report

平成2811月に発効したパリ協定の下、地球の気温上昇を産業革命前に比べて2℃よりも十分低く抑え、さらには1.5℃未満に抑えるための努力を追及するために、低炭素社会の実現に向けた取組の促進が求められている。平成3012月にはポーランド・カトヴィツェで開催されたCOP24にて、2020年からの各国の具体的な義務を定めたルールブックも採択された。このパリ協定の目標を達成するためには、経済成長が著しい途上国において、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。とりわけ、社会経済の発展を支える活動の場である都市の低炭素化に向けた取組は重要であり、国際的にも都市の取組を支援する動きが強化されてきている。令和21月にはパリ協定が始動し、このような動きがさらに加速している。

...
Commissioned Report

環境省では、我が国とつながりの深いアジア・太平洋諸国を中心に、循環型社会構築のための廃棄物管理分野での協力を推進している。本業務は、そのような二国間協力のうち、マレーシア及びフィリピンに焦点を当て、廃棄物管理の改善を推進する一環として、我が国の廃棄物発電に関する技術面・制度面の知見を元にしたガイドライン等の策定やワークショップ等の開催を通じて両国における廃棄物発電施設の導入促進を図ることを目的に実施したものである。マレーシアとの協力では、マレーシアの廃棄物に関連する最新の動向を把握するため、報道情報の収集、関係機関へのヒアリング、文献調査による情報収集・整理を行った。また、廃棄物発電技術選定ガイドラインの作成を支援するとともに、...

Commissioned Report

北九州市アジア低炭素化センターは20106月に開設され、今年開設10周年を迎える。そこで、北九州市は、同センター開設10周年記念事業として、投資家、企業経営者、起業家等の民間企業関係者を対象とした「ホラシス会議」の誘致を予定している。当業務では、ホラシス会議の全体会で取り上げるテーマ案として、同センター開設10周年記念事業として相応しいテーマ案を設定するものである。