Results 1 - 10 of 40 (Sorted by date)
Fact Sheet

Co-benefits are the multiple benefits of actions that mitigate cli-mate change while addressing other development priorities. Many cities in Asia have potential to achieve co-benefits. Howev-er, urban policymakers often lack concrete demonstrations over which actions can maximize co-benefits. Since 2015, the Institute for Global Environmental...

Peer-reviewed Article
In Global Environmental Research

Article 5 of the Paris Agreement specifies implementation of REDD+ (reducing emissions from deforestation and forest degradation) through results-based payments. Currently, however, REDD+ resultsbased financing is insufficient for incentivizing full implementation of REDD+ by developing countries. In this article, we examine how a new bilateral...

Peer-reviewed Article
In Global Environmental Research
Author:
Minoru
Morita

This study analysed the greenhouse gas (GHG) abatement cost of renewable energy projects developed through the Clean Development Mechanism (CDM) in China, India and ASEAN countries. The results from this study show that the average abatement cost for all renewable energy technology including biomass, hydro, wind and solar renewable energy in ASEAN...

Conference Paper
Proceeding of The Eastern Asia Society for Transportation Studies
Author:
Russ Bona
Frazila
Febri
Zukhruf
Jongga
Jihanny
Kardina
Nawassa

The benefits of walking have recently inspired considerable research on the
relationships between pedestrian choices and numerous built environment factors. These
relationships are then elaborated using walkability indices for the meso- the micro-levels.
Despite important advances in micro-level research, the walkability concept is based chiefly
on...

Discussion Paper
Author:
Bambang
Haryono
Mochamad
Farhan
Muhammad Luthfi Eko
Nugroho
Maryono
Satria
Utama
Hadiyanto
Tomoki
Ehara
Kazuya
Fujiwara

Following up the Presidential Regulation 61/2011 and 71/2011, Semarang City as one of the cities in Indonesia has a liability in the GHG reduction activities. This research on the low carbon society (LCS) scenario for Semarang City are carried out aiming to contribu-tion to promoting climate change actions and policies in the city. This study is...

Peer-reviewed Article
In 環境情報科学 学術研究論文集

本論の目的は,インドネシアの気候変動緩和対策の現状を明らかにし,また,その実施上の課題を明確化することである。特に政権交代後の政策面や組織・調整面の動向に着目し,潜在的な課題・阻害要因につき,インタビュー調査や文献調査により検討を行う。その結果,関係ステークホルダー間の連携や調整の強化,緩和計画などの政策面の強化が今後の緩和対策実施上の課題として確認された。

Annual Report

2016年度(2016年4月~2017年6月)におけるIGESの研究活動の概要をまとめた年報。IGESが分野横断的かつ実践的に取り組みを進めるパリ協定と持続可能な開発目標(SDGs)の実施を促す研究活動の進捗を紹介するほか、各研究領域(気候変動とエネルギー、持続可能な消費と生産、自然資源・生態系サービス、グリーン経済、持続可能な社会のための政策統合)、各研究活動拠点・連携組織の主な活動、アジア太平洋地域の重要な政策課題について意見交換を行うIGES主催による年次国際フォーラムの報告等を掲載している。

Annual Report

This Annual Report covers the highlights of IGES research activities in FY2016 from April 2016 to June 2017. Featuring cross-cutting and practical research activities to promote the implementation of the Paris Agreement and the Sustainable Development Goals (SDGs), it reports on the major activities in each research area (climate and energy...

Presentation
森林等の自然資本に関するSDGs達成に向けたシンポジウム

2015年9月に採択された「2030アジェンダ」の中核をなすのが持続可能な開発目標(SDGs)であり、SDGsは17のゴール、169のターゲットで構成され、多くの環境関連のゴール・ターゲットが含まれています。具体的には気候変動対策のほか、水の持続可能な管理や持続可能な森林経営の推進、ならびに生物多様性の損失の阻止といった自然資本に関する多くの目標が定められています。そして、森林等の自然資本の保全及びSDGs達成のためには主要な担い手である企業をはじめ、多様な主体の連携・協力が必要です。

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、環境関連施策や企業の取組等に関する同シンポジウムにて、一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ...

Keywords:
Conference Paper
環境経済・政策学会2017年大会

パリ協定では、2020年は現在の2030年の削減目標の妥当性を検討し、削減目標の野心度引き上げの必要性を判断することが批准国に対して求められている。本研究は、日本の2030年におけるCO2排出削減目標の達成に向けて想定される主要エネルギー経済要素の変化分の妥当性を評価することを目的に、CO2排出量の要因分解分析を行った。要因分解分析の対象として、1994年から2015年までの産業、業務、運輸部門のCO2排出量実績値及びこれらの部門の2030年の要素について国別目標(NDC)シナリオ、短期トレンドシナリオ(2005年から2015年のトレンドを2030年まで線形回帰)、中期トレンドシナリオ(2012年から2015年のトレンドを2030年まで線形回帰)、リファレンスシナリオ...