Results 1 - 10 of 62 (Sorted by date)
Commissioned Report
Author:
Mustafa K.
Mujeri
M.A. Baqui
Khalily
Mizanur
Rahman
Mehadi
Hasan
Sifat E.
Azam
Md. S.R.
Adnan
Bangladesh, being one of the most vulnerable countries to natural disasters and global climate change, faces different individual and catastrophic shocks creating severe impact on the lives and livelihoods of the marginal segment of the population. In the context of climate change, action research within an experimental design is needed to identify...
Commissioned Report

平成29年度持続可能な開発と気候変動に関するアジア・リーダーシップ・プログラム準備・運営支援委託業務報告書

環境省「持続可能な開発と気候変動に関するアジア・リーダーシップ・プログラム準備・運営支援委託業務」報告書(平成29年度)
Commissioned Report
平成28年度環境研究総合推進費「アジアにおける資源環境制約下のニーズ充足を目指す充足性アプローチへの政策転換(課題番号:S-16-3)」による研究の初年度報告書である。研究は、IGES、九州大学、南山大学の3研究機関の共同研究として実施した。
Commissioned Report
The adverse effects of climate change have disproportionately fallen on women. In consequence, the challenges women face adapting to climate change have tended to overshadow the contributions women make to mitigating climate change. To some degree, the emphasis on adaptation has also fed false narratives of women as passive victims of climate...
Commissioned Report
Author:
Sithong
Thongmanivong
Chittana
Phompila
Douangta
Bouaphavong
Lao PDR has development of forest planation industry based on smallholders. Teak was first planted in Luang Prabang Province since 1950s. Teak plantation have capacity to provide significant financial benefits to smallholders. Although the Lao timber industry has grown rapidly over the past ten decades, the export value of finished wood products...
Commissioned Report
Author:
Ministry of the Environment, Japan
This pamphlet provides a basic introduction to the Tripartite Environment Ministers Meeting among China, Japan, and Korea (TEMM). Contents include an introduction, brief history, and organization. It includes the text of the second TEMM Joint Action Plan for Environmental Cooperation, the Action List of specific activities, and the TEMM 18 Joint...
Keywords:
Commissioned Report
Author:
環境省
日中韓三カ国の環境大臣は「日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM)」を1999年以来毎年開催し、この枠組みのなかで、北東アジアの環境管理において主導的な役割を果たすとともに、地球規模での環境改善に寄与することを目指している。本パンフレットは、TEMMの概要について分かりやすくとりまとめたものであり、TEMM開催の背景・概要、これまでのあゆみ、組織構成、9つの優先分野に基づく第2次環境協力に係る日中韓三カ国共同行動計画、行動計画リスト、TEMM18共同コミュニケ、といったTEMMに関する基本情報のほか、4つの主要なTEMMプロジェクト(大気汚染に関する日中韓政策対話、日中韓黄砂共同研究、日中韓環境ビジネス円卓会議、日中韓環境ユースフォーラム)の最新動向について紹介している。
Keywords:
Commissioned Report
Alongside the accelerated growth in populations and urbanisation in Asia are the growing problems of road traffic, solid waste,s and air and water pollution. Torrential rains, flooding, landslides and droughts are intensifying, all of which are considered impacts of global warming. Present estimates show that cities count for more than 70% of...
Commissioned Report
2050 年までに温室効果ガスの排出を世界で半減させるためには、経済成長が著しいアジアにおいて、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。近年、経済成長著しいアジアの都市では、急激な都市化により、資源やエネルギー消費量が増大し、交通量増加に伴う交通渋滞が頻発しており、生活や経済活動に伴う廃棄物、排水、排ガス、温室効果ガス(GHG)等の排出量が増加するなど、住民の生活環境の悪化を招いている。これらの都市の経済成長を維持しながら快適な生活環境を守っていくには、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める持続可能な都市形成にシフトしていかなければならない。 我が国は、開発途上国においてこのような取組を支援すべく、GHG...