Results 1 - 10 of 47 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 内側から見た中国最新環境事情 第57回/December 2019 Global Net Series

地球・人間環境フォーラムの月刊環境情報誌、「グローバルネット」に地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明が、中国の最新環境事情を現地滞在レポートとして偶数月で連載しています。

Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:

中国政府が2015年に発表した「中国製造2025」では、新エネ自動車産業を国家競争力の核心的利益として位置づけ、翌年に発表した「中国製造2025解読:省エネ・新エネ自動車の推進」では、2030まで、年間販売台数300万台、国産ブランドの国内市場占有率80%以上とする目標を打ち出した。今年9月25日、中国政府が発表した「国連気候行動サミット:中国の立場と行動」においても、新エネ自動車(EV。特別説明がない限りBEV、PHEV含む)産業の育成強化を掲げた。EV産業の育成は気候変動政策のみならず、大気汚染対策としても高い期待が寄せられている。

Non Peer-reviewed Article
In 内側から見た中国最新環境事情 第56回/October 2019 Global Net Series

地球・人間環境フォーラムの月刊環境情報誌、「グローバルネット」に地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明が、中国の最新環境事情を現地滞在レポートとして偶数月で連載しています。

Non Peer-reviewed Article
In 環境情報科学

廃プラスチック問題は、G20大阪サミットで海洋プラスチック汚染が主要テーマのひとつになるなど、国際的に注目が集まっている。本稿では、廃プラスチックを取り巻く国際情報を整理するとともに、日本のプラスチック資源循環システムの海外展開の視点から、途上国と先進国における廃プラスチック問題の状況を解説し、解決に向けた機会や展望、それらを進める上での今後の課題などについて議論する。

Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:

最新統計によると、中国における炭鉱数は計4070カ所の内、87%に相当する3959カ所の生産能力が500万t/年以下であることが明らかになった。500万t/年以下の炭鉱の合計生産能力は、23.8億t/年に相当し、全国生産能力の68%占めている。