Results 1 - 10 of 24 (Sorted by date)
Policy Brief

先進国を中心とする木材需要の高まりに応じて、人工林の総面積は過去20年で10倍に拡大した。荒廃地等における人工林の増加は、天然林に対する伐採圧力を緩和し、気候変動の抑制、住民の生計への支援、国家の開発政策への寄与など、極めて重要な役割を担っている。

現在、世界の人工林の60%以上はアジアに存在している。近年におけるアジアの人工林面積の急激な拡大は、特に中国、ベトナム、インドなどにおいて大規模な造林プログラムが実施されてきた結果である。しかし、農村地帯における企業又は政府主導の人工造林は、地域住民を彼らの生活の重要な基盤となっている土地から排除する結果となることが多く、しばしば地域の社会紛争を引き起こしてきた。造林プログラムに地域住民が参加している場合でも、土地利用が制限されるため...

Non Peer-reviewed Article
地球環境戦略研究機関北京事務所の活動と今後の方向

地球環境戦略研究機関北京事務所の活動と今後の方向

In 中日水務信息
Policy Report

This report presents the results of IGES research on public timber procurement policy to date. It includes a comparative analysis between Japan’s policy and those of several European countries. In addition to providing recommendations for further strengthening Japan’s policy, the report identifies a generic set of elements that public timber...

Presentation

Performance Indicators, Material Flow: Analysis Japan’s Fundamental Plan for Establishing a Sound Material Cycle Society and its indicators

Resource efficiency: Japan and Germany at the forefront– A policy dialogue –, November 6, 2007, in Berlin, Germany
Presentation

The Puzzle of Japanese Renewable Energy Policy: Why Japan is Lagging and How it Can Catch Up

the World Renewable Energy Regional Congress & Exhibition II, 5-7 November 2007, Jakarta, Indonesia
Policy Report

Asian cities have faced problems caused by rapid urbanization for decades. While urbanization can bring economic development to the cities, it also produces decrease of natural resources or environmental deterioration. From the perspective of fresh water related issues, Asian cities are suffering from scarcity of water resources and water...

Policy Report

木材の公共調達政策に関する研究成果をまとめた本書では、日欧における政策の比較分析を行い、日本が合法性や持続可能性を満たした木材の調達を優先させるための提言に加え、効果的な調達政策が兼ね備えるべき要素を包括的に示している。

Remarks:

English version is available at:
http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=983

If you wish to receive a hardcopy of the report, please contact [email protected].