Results 1 - 10 of 18 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article

ODAを使ったCDM事業 エジプトの風力発電で先例

In 日経エコロジー (Nikkei Ecology)
Non Peer-reviewed Article

排出量取引をめぐる国際的状況

In 資源環境対策
Non Peer-reviewed Article
地球環境戦略研究機関北京事務所の活動と今後の方向

地球環境戦略研究機関北京事務所の活動と今後の方向

In 中日水務信息
Non Peer-reviewed Article

大気・水質汚染防止で排出権 省エネCDMを促す効果も

In 日経エコロジー (Nikkei Ecology)
Non Peer-reviewed Article
In What's New from IGES? (IGES Newsletter)
バイオ燃料は地球温暖化やエネルギー保障への有効な手立てと考えられることから、世界中で関心を集めている。今年1月に、欧州委員会は2020年までに輸送用燃料のバイオ燃料比率を10%以上に引き上げることを柱のひとつとした再生可能エネルギーロードマップを提案した。米国では、ブッシュ大統領が年頭教書演説において、今後10年間でバイオ燃料等への転換によりガソリン消費量を20%削減する計画を提案した。アジアでも、多くの国々がすでにバイオ燃料の増産計画に着手しており、同じ1月には、アセアン、日本、中国、韓国、オーストラリア、インド、及びニュージーランド16カ国首脳により、バイオ燃料の開発や生産利用強化を盛り込んだ「東アジアのエネルギー安全保障に関するセブ宣言」が採択されている。 一方で、「バイオ燃料ブーム...
Keywords: