Results 1 - 10 of 61 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article

人と動物の関係を理解するための 生態学および人類学の学際的なデータの重要性

In 海外の森林と林業
第 26 回日本熱帯生態学会年次大会公開シンポジウム「変わりゆく熱帯で暮らす—人と動物たち」におけるコメント
Non Peer-reviewed Article
In 産業と教育
2015年9月、ニューヨークにある国連本部で「国連持続可能な開発サミット」が開催され、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択された。あわせて、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」が合意された。SDGsは、アジェンダを実現していくための実施計画の目標と位置付けられている。世界レベルにおいて、持続可能な社会づくりの最大の課題は人口の急増といえる。2011年に70億人を突破した世界の人口は、2050年には96億人にも達するともいわれている。人口が増加すると当然食糧や資源の需要量が増大する。また、一人ひとりの生活レベルの向上に伴い、一人当たりの資源・エネルギー消費量も増大していくだろう。一方、日本では農林水産業が衰退の一途をたどり...
Non Peer-reviewed Article

北九州で日中大気汚染セミナー開催

In 環境新聞
.
Data or Tool
This document aims to provide a comprehensive and easy-to-understand description of the Joint Crediting Mechanism (JCM) including JCM concept, JCM project cycle, JCM related bodies, JCM project methodology, project design document (PDD), Registration process, post registration activities, procedure for issuance of credits, and procedure for...
Non Peer-reviewed Article
In 日本LCA学会誌
本稿では、欧州を中心とした国際的な資源効率・循環経済の政策動向について、特にEUにおいて持続可能な資源管理・資源効率・循環経済の政策発展が進む中で、経済と環境の政策統合、物質資源効率と低炭素政策の調和がはかられてきた経緯を示し、その内容を分析しつつ、わが国の資源効率政策の今後の方向性について議論している。The paper discusses that environment and social economic policy have been integrated especially in Europe. Integration or harmonization of climate change policy or economic policy with resource...