Results 1 - 10 of 95 (Sorted by date)
Discussion Paper
Author:
Lee, Byung-Wook

This paper aims to identify differences and similarities between Japanese and Korean corporate managements in terms of environmental conservation practices and their institutional frameworks. Similar efforts have been made in the countries regarding the introduction of ISO14001 etc. However, there seems to be much difference between their...

Conference Paper

Public-Private Partnerships for Urban Water: Experiences of Manila,Philippines

2nd Thematic Seminar : Kitakyushu Initiative Seminar on Public-Private Partnerships for Urban Water Supply and Wastewater Treatment
Peer-reviewed Article

吸収源としてのロシア森林の評価とロシアの京都議定書への対応

In Forest Economy

Remarks:

林業経済(林業経済研究所)

Peer-reviewed Article

森林の保全管理に関する国際動向

In Forest Economy

Remarks:

林業経済(林業経済研究所)

Non Peer-reviewed Article

統治から協治へ:住民参加の森林政策を

In Ronza
Author:
Tsurudome, Yuuki
Mugniesyah, Siti Sugiah M.
Non Peer-reviewed Article
In E-alert

第 5 回 IGES 賛助会員セミナー「環境報告書の現状と未来」が 2003 年 3 月 13 日(木) フォーラムよこはまにおいて開催された。 國部克彦プロジェクトリーダー(神戸大学教授)による問題提起では、環境報告書にお ける情報開示の継続的な課題として、比較可能性と信頼性、新たな課題としてサスティナ ビリティ報告書への展開という 3 つの問題が提示された。 次に、平山主任研究員より東証一部上場企業への環境報告書発行状況調査と、2000 年、 2001 年に発行された環境報告書の内容分析の結果が紹介された。2002 年においては東証一 部全上場企業 1496 社のうち約 25%(374 社)が環境報告書を発行している。また、発行 していない企業に発行意思を尋ねたところ...