Results 1 - 10 of 593 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Resources, Conservation and Recycling
Integration of solar photovoltaics on croplands (“agrivoltaics”) has been promoted as an environmentally-friendly approach for solar energy deployment. Past studies, however, have not considered that these croplands could alternatively be used as sites for expanding agroforestry, a practice which provides important ecosystem services to the...
Non Peer-reviewed Article
In 木材情報
欧州森林破壊防止規則(Regulation on Deforestation-free products: EUDR)について、前身となったEU木材規則(Timber Regulation:EUTR)との比較、EUDR運用のためのEU側の体制構築、対EU輸出国の対応状況、さらに予想される日本への影響等について、2 回に分けて紹介する。
Conference Proceeding
International Forum for Sustainable Asia and the Pacific (ISAP2023) Summary Report
The International Forum for Sustainable Asia and the Pacific (ISAP) is an international forum where leading experts, international organizations, governments, businesses, and NGOs gather to discuss various aspects of sustainable development in Asia and the Pacific. ISAP is held annually in Japan to promote information sharing and strengthen...
Conference Proceeding
持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP)2023 サマリーレポート
持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(International Forum for Sustainable Asia and the Pacific: ISAP)は、第一線で活躍する専門家、国際機関、政府、企業、NGO 関係者が集い、アジア太平洋の持続可能な開発に関する多様な議論を行う国際フォーラムです。主催機関である地球環境戦略研究機関(IGES)が関与している国際的なネットワークと協力しつつ、関係者間の情報共有の促進や連携強化を図ることを目的として、毎年日本で開催しています。2023 年のISAP は、「アジア太平洋における持続可能な社会への移行を加速する:統合、包摂、ローカライゼーションがもたらす変革の可能性」をテーマに、以下の3 つの変革的ダイナミクスに焦点を当てました。
Presentation
木材利用システム研究会月例研究会
森林リスク・コモディティのサプライチェーンマネージメントアプローチによる世界の森林減少抑制、というEUDRの目的は素晴らしく、国際的に波及の動き しかしその手法(e.g. 地理的位置情報の要求)は想定外の負の影響をおこすことも懸念されている。生産国側の反発も強い。 またそもそも、その手法は世界の森林減少抑制に効果を与える手法として効率的・効果的なのかという疑問も →日本政府が同様の政策を導入する際には十分な検討が必要 一方で一部の事業者、生産国政府はこれを機会ととらえ、着々とEUDR対応の準備を進めている。それをサポートするベンチャー/NGOの活動も盛ん。 日本の木材産業に関しては、EUへの輸出ではなく、EUからの輸入にトラブルが発生することが予想され...
Peer-reviewed Article
In Remote Sensing
Author:
Jitendra
Dixit
Ashok Kumar
Bhardwaj
Saurabh Kumar
Gupta
Suraj Kumar
Singh
Gowhar
Meraj
Shruti
Kanga
Saurabh
Singh
Bhartendu
Sajan
Forests play a vital role in maintaining ecological balance and provide numerous benefits. The monitoring and managing of large-scale forest plantations can be challenging and expensive. In recent years, advancements in remote sensing technologies, such as lightweight drones and object-oriented image analysis, have opened up new possibilities for...
Peer-reviewed Article
In Journal of Coastal Conservation
Author:
Thang Trung Nguyen
Anh Ngoc Thi Nguyen
Globally, mangroves have been promoted to protect the coastal ecosystems and human settlements against weather vagaries including climate change impacts. However, climate change can also affect the mangrove ecosystems, affecting their ability to mitigate losses and damages caused by climate change. Recognizing the need to understand the impact of...
Peer-reviewed Article
In Earth Systems and Environment
Author:
Shailesh
Pandey
Maneesh S.
Bhandari
Rajeev
Shankhwar
Pawan Kumar
Thakur
Gowhar
Meraj
Sabyasachi
Banerjee
Rajendra K.
Meena
Amit
Pandey
Harish S.
Ginwal
This study addresses the concerning mortality of Pinus wallichiana (blue pine), a crucial timber species in the northwestern Himalayas, specifically within the Nanda Devi Biosphere Reserve (NDBR)––a UNESCO world heritage site in India. Hazard prediction mapping was carried out during the study period (2018–2021) using the MaxEnt program and...
Presentation
ESG勉強会
なぜ、日本の企業が取り組まなければならないのか? 気候変動への対処が企業レベルでも求められる今日、世界の森林減少について、気候変動への対処という観点から、日本への関わりも含めて以下を解説する。①気候変動と森林減少に関する国際的な議論の動向、②具体的な取組みの紹介:REDD+を中心として、③企業はどう取り組むべきか。
Commissioned Report
東京大学未来ビジョン研究センター・グローバルコモンズセンターにおける食料バリュ ーチェーンにおける環境負荷等の見える化プロジェクト活動を推進するために、本業務では、ベトナムにおけるコーヒー及びガーナにおけるカカオを対象とし、以下の調査・研究業務を実施した: バリューチェーンの構造調査・分析、同バリューチェーンにおける環境・社会・経済面の課題調査・ 分析、並びに同課題の改善・解決策の検討 バリューチェーンにおける環境・社会・経済面の課題に対する改善・解決策の定量・定性的な効果 検証 環境負荷等の見える化に向けたサステナビリティ評価モデル策定支援 本報告書は、以上の業務の成果を取りまとめたものである。