Results 1 - 10 of 32 (Sorted by date)
Commentary (Op. Ed)
パリ協定を実現するためのファイナンスという視点で日本の昨今の取組みの成果と課題を見ていく。TCFDへの官民を横断した取組み、グリーンボンド市場の成長、年金積立管金管理運用独立行政法人(GPIF)によるESG投資の取組みなど、サステナブルファイナンスへの取組みは広がりを見せている。こうした取組みにおける課題への対応、サステナブルファイナンス手法の広がりへの期待に加えて、サステナブルファイナンスの本来の目的を再確認することの重要性、温室効果ガス削減に関する野心的な目標設定の必要性を指摘する。
Peer-reviewed Article
In Proceedings of the eastern Asia Society for Transportation Studies
This article describes awareness raising campaign and engagement of junior high school students as one of major users and its impacts on the knowledge and intentions to use public bus in developing city. The awareness program was conducted through the planning of activities; implementation of training and evaluation of programs. To capture the...
Peer-reviewed Article
In Proceedings of The Eastern Asia Society for Transportation Studies
In many cities, ride-hailing or shared taxi systems have transformed service delivery, spurred new businesses, and changed lifestyles. There is nonetheless limited systematic analysis of the impact of these shared taxi systems on transport decisions and travel patterns. The article aims to fill that void by drawing on new survey data to analyze...
Presentation
2019年末にマドリッドで開催されたCOP25においても、気候資金を如何に動員するかという議論が行われた。特に民間資金の規模の拡大は重要なテーマとなっている。この観点から、本資料では、金融界は2℃目標に向かってどう動いているかという観点から情報を整理している。 まずは、COP25において気候資金に関してどのような国際交渉が行われているかを整理している。つぎに、グローバルな投資家が気候変動のリスクや機会を踏まえてどのような対応をはかっているかについて具体的な事例を紹介している。目を日本国内の金融界に目を転じ、(1)日本企業による「気候変動関連財務情報開示タスクフォース(TCFD) 提言」への対応、(2)日本においてESG推進役となっている年金積立管理運用独立行政法人の対応、(3...
Policy Report
Author:
Global Reporting Initiative
UN Principles for Responsible Investment
United Nations Global Compact
~概要より~ 企業が関連するSDGsデータを投資家に提供することで、投資家が情報に基づく決定を行い、直接的な資本が実社会に正のインパクトを与える投資へと振り向けることができる。 SDGsの達成は大きなビジネス機会をもたらしうるが、逆もまた然りである。SDGsのゴールに到達しない場合、企業とその財務、ひいては投資家の財務リターンに大きな負の帰結をもたらす可能性がある。 そのため投資家は、関連の深さ、規模、期間、割合を含め、SDGsのターゲットへの貢献に企業が及ぼす(実際的および潜在的な)正・負の影響、企業のSDGsに対する追加的な貢献、そして予想とは異なる影響がもたらされる可能性について知る必要がある。このようなデータは信頼でき、高品質でステークホルダーとの対話に基づくものでなければならない...
Commentary (Op. Ed)
グリーンボンド等のグリーンファイナンスは拡大しつつあるが、そのインパクトは明らかになっていない。一方、「グリーンウォッシュ」や「インパクトウォッシュ」への懸念を背景に、インパクトの重要性は投資家の間でも認識されつつある。インパクトの基準を標準化することは困難な面もあるが、段階的にでもインパクトが比較可能な形で可視化されることは重要である。
Conference Paper
Author:
Rudhi Sundar
Pradhan
The Government of India has set targets to reduce 85% of the use of Hydrofluoro Carbons (HFC) by 2047 (over the 2024-2026 average levels). Based on onsite visits to randomly selected seafood processing plants and cold storages in Andhra Pradesh State, India, the authors found that more than 70% of them use reciprocating compressors based on HFC...
Conference Paper
Compressed air systems account for 5-35% of electricity use among the Indian manufacturing sector. It shares a significant portion of the production cost, but its energy-efficiency measures are not widely applied in India yet. From 2011-18, the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) and The Energy and Resources Institute (TERI)...
Conference Paper
Author:
Ananda Mohan
Ghosh
The electric CO2 water source heat pumps (EHP) generate hot water and cold water simultaneously using the trans-critical cycle of the natural refrigerant CO2. Since their introduction in 2001, EHP were regarded as the next generation of low carbon technologies. The results from piloting EHP at two diary plants, one in Anand, Gujarat and other in...
Conference Paper
European Association for Japanese Studies (EAJS) Conference in Japan
Author:
Marco
Reggiani
Low birth rates, restrictive immigration policies, and decades of economic stagnation are marking Japan’s transition to a post-growth society. All levels of government have hurried to address the new challenges ahead. In this desperate run for survival, the development of new high-speed railway lines in peripheral areas has been met with high...
Keywords: