Results 1 - 10 of 217 (Sorted by date)
Presentation
第15回日本LCA学会特別セッション(オンライン)
3月12日に、日本LCA学会のオンラインセッションが開催され特別セッション「持続可能な消費と生産パターン転換のための政策デザインとLCA」が開催された。堀田は、パネリストとし不確実性が高い状況下で、政策研究に求められる役割について」と題して、各発表を受けてのコメントを行った。
Presentation
日本LCA学会テレカンファレンス企画セッション「持続可能な消費と生産パターン転換のための政策デザインとLCA」
Author:
近年,パリ協定の実施,ネット・ゼロを宣言する自治体の増加,SDGsをはじめ,環境資源制約を踏まえた目標ベースの取り組みが主流化している。環境負荷の低減と生活の質の両立を目指す概念である持続可能なライフスタイルへの転換に関し,近年は消費者行動に関する多様なデータが入手可能となってきており,これらと組み合わせたライフサイクル環境負荷や上流側の資源利用量を明らかにすることができるLCA研究(ここでは広く産業連関分析,マテリアルフロー分析等も含む広義の手法群)の重要性が増している。プラネタリ―バウンダリーや脱炭素といった目標に至るには,個別製品の改善に依存した対策には限界があり,リバウンド効果等も踏まえた生産消費システムの転換が必要とされる。一方,既存研究は...
Presentation
Closing Event of JICA Partnership Programe on Solid Waste Management Project for Promoting Segregation and Recycling in Da Nang CityClosing Event of JICA Partnership Programe on Solid Waste Management Project for Promoting Segregation and Recycling in Da
Author:
Makoto
Tsukiji
Lessons learnt from the JICA 3R Partnership Project was presneted. Also, the possible ideas for the next phase of the project was presented.
Presentation
Expert group meeting on establishing the ASEAN Resources Panel
As a follow-up to the 30th Meeting of ASEAN Senior Officials on the Environment last July, UNSCAP and ASEAN organized Expert Group Meeting on establishing the ASEAN Resources Panel on 18-19 December, at the United Nations Conference Centre in Bangkok. The recommendation to establish this panel has been featured in the report “Complementarities...
Presentation
UNITAR CIFAL Jeju Workshop on Gender & Environmental Sustainability in the Asia-Pacific Region
UNITAR facilitated its workshop on the Gender and Environmental Sustainability in the Asia-Pacific Region from 3rd to 6th of December 2019 and invited IGES to lecture for the Session 1: Environment Meets Gender as well as Session 2: Why Gender-Sensitive Approach is Important?. The sessions supported participants, from 12 different Asian countries...
Presentation
2019年末にマドリッドで開催されたCOP25においても、気候資金を如何に動員するかという議論が行われた。特に民間資金の規模の拡大は重要なテーマとなっている。この観点から、本資料では、金融界は2℃目標に向かってどう動いているかという観点から情報を整理している。 まずは、COP25において気候資金に関してどのような国際交渉が行われているかを整理している。つぎに、グローバルな投資家が気候変動のリスクや機会を踏まえてどのような対応をはかっているかについて具体的な事例を紹介している。目を日本国内の金融界に目を転じ、(1)日本企業による「気候変動関連財務情報開示タスクフォース(TCFD) 提言」への対応、(2)日本においてESG推進役となっている年金積立管理運用独立行政法人の対応、(3...
Presentation
Sea of Solutions 2019
To be successful, solutions to marine plastic pollution must take into consideration institutional, legal and regulatory frameworks at international, regional and local levels. Consideration of these frameworks is not relevant to governments only. To be fully effective, they must be embraced and leveraged also by development actors, private...
Presentation
次世代×JBIBコラボワークショップ「中・高校生×JBIBで考える海洋プラスチックごみ問題の解決に向けて 私たちができること」
一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)が、武蔵野大学附属千代田高等学院・千代田女学園中学校と、次世代×JBIBコラボワークショップ「中・高校生×JBIBで考える海洋プラスチックごみ問題の解決に向けて私たちができること」を2019年11月6日(水)と16日(土)の2日間にわたり開催した。武蔵野大学附属千代田高等学院・千代田女学園中学校から、延べ32名の学生たちが2日間にわたり参加した。 11月6日(水)の初日は、オリエンテーションとして、2日間のワークショップで考えること、出すアイデアの方向性を全員で共有した。その後、「海洋プラスチックごみ問題に関する国際的な動向」について公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)の堀田康彦より解説した。
Presentation

Towards Policy Design for SCP: From environmental policy to socio-economic technology policy

Japan-Thailand SCP Research Collaboration Joint Symposium on Policy Design Research for SCP
Author:
Tomohiro
Tasaki
Under S-16 project, Japan-Thailand SCP Research Collaboration Joint Symposium was held to desicuss possible collaboration for Policy Design Research for SCP on October 22nd 2019 at Sukosol Hotel, Bnagkok, Thailand. Hotta and Tasali presented how SCP policy research and design requires co-design approach.