Results 1 - 9 of 9 (Sorted by date)
Commissioned Report
Author:
Sithong
Thongmanivong
Chittana
Phompila
Douangta
Bouaphavong
Lao PDR has development of forest planation industry based on smallholders. Teak was first planted in Luang Prabang Province since 1950s. Teak plantation have capacity to provide significant financial benefits to smallholders. Although the Lao timber industry has grown rapidly over the past ten decades, the export value of finished wood products...
Commissioned Report
Author:
Satoshi
Kofuku
Hiroshi
Nishi
Kokoro
Kikuchi
Tomoyasu
Shirako
Hiroshi
Oka
Takaaki
Nishi
Tubasa
Nakajima
The report is about the commission work that we conducted related to mainstreaming biodiversity in Japan including discussion of draft guideline for Japanese companies on business and biodiversity, valuation of positive business activities on biodiversity and international trend on business and biodiversity. It includes updated information of...
Commissioned Report
WEPA Action Programme in Vietnam
With a total population of more than 90 million, Vietnam is sustained by an economy that has grown at remarkable average 7.5 percent annually for 1992 - 2007 and 5.8 percent annually in 2008 - 2014. The agriculture sector accounts for 25 percent of GDP (2014), where livestock sub-sector's contribution to agriculture sector output is expected to...
Commissioned Report
途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。 REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、公的資金には限界があることから、今後、REDD+の取組みを拡大していくには、民間セクターからの資金や技術の提供が鍵となる。しかしながら、民間セクターがREDD+に対して投資するには、排出削減クレジットが獲得できる等のインセンティブが必要(①)とされる。また、途上国がREDD+を実施するには、COP決定を踏まえつつ、各々の国情に応じた排出削減量の算定...
Keywords:
Commissioned Report
REDD+の効果的な実施に向けた具体的な方策を示すため、REDD+の国際的な制度の動向等について多角的に調査・分析を行い、得られた結果について体系的に整理した。1-1ではUNFCCCを中心とした国際的な議論の動向について取りまとめた。1-2では、既存のクレジット制度である京都メカニズムの共同実施に注目した。1-3では、現在進んでいるREDD+に係る資金拠出に係る取組状況として、緑の気候基金、世界銀行の森林炭素パートナーシップ基金、The REDD+ Early Movers Programについて調査した。1-4では、REDD+に関する政策的な検討や各国の緩和対策の中での位置付けとREDD+活動の実施状況を、JCMパートナー国5カ国(インドネシア、ベトナム、カンボジア、ラオス、コスタリカ...
Keywords:
Commissioned Report
本業務は、この新たに策定された行動計画のうち、「気候変動対応」と「グリーン経 済への移行」の2分野に関連する共同研究について、これまで三カ国で実施してきた共 同研究の内容及び成果を踏まえ、今後の研究方針計画を策定し、中国及び韓国の担当者 と協議を行い、三カ国間で今後の進め方を提案することを目的とする。このほか、我が 国がTEMM の枠組みをはじめとする数多くの環境協力を中国及び韓国と行っているこ とに鑑み、今後のTEMM に関する行動計画をはじめ、中国及び韓国との環境協力の効 率的な推進のため、中国及び韓国における環境行政の体制及び活動実態について分析し、 これをまとめた資料を作成することを目的とする。また、平成28 年4月、第18 回 TEMM(TEMM18)は、静岡市にて開催された...
Keywords:
Commissioned Report
The objective of this work was to develop a research plan and propose how the three countries could move forward on joint research related to two of the priority areas in the Joint Action Plan (Climate Change Response and Transition to a Green Economy), in consultation with the counterparts from Korea and China, based on results of the previous...
Commissioned Report
The report compiles the materials and records produced through the implementation of an MOEJ-commissioned project entitled "FY 2016 compilation of scientific knowledge relating to IPBES", or "FY 2016 IPBES Japan" in concise. The report includes, amongst others, i) reports from Japanese experts regarding their participation in IPBES-related meetings...
Commissioned Report
Author:
Abfertiawan
Muhammad Sonny
Indonesia has a total estimated population of more than 250 million people, of which 52% live in urban areas. Overall access to improved sanitation in Indonesia has increased remarkably over the past 25 years. Indonesia has a commitment in the MDG declaration to meet the achievement of 62.41% to improve sanitation by 2015, but the actual improved...