Results 1 - 9 of 9 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In ガスエネルギー新聞

本文は世界最大の温室効果ガス排出国である中国の2060年炭素中立宣言を背景に、宣言の根拠や意味を解説する。これまでの産業構造の転換、再生可能エネルギーの拡大によるエネルギー構造的改善の政策効果を評価し、宣言後の自治体・産業界の動きや第14次五か年計画及び全国炭素排出量取引市場等の具体策を紹介する。

Non Peer-reviewed Article
In 週刊東洋経済

本文は世界最大の温室効果ガス排出国である中国の脱炭素に向けて公表された様々な緩和目標を纏めた上、エネルギー消費量の抑制や再生可能エネルギーの拡大を含むエネルギー転換の取り組み、全国炭素排出量取引市場の建設及び脱炭素に直面する課題等を解説する。

Peer-reviewed Article
In Remote Sensing
Author:
Dai
Xiaoai
Penglan
Luo
Kai
Yang
Linxin
Dong
Qiang
Wang
Chao
Liu
Naiwen
Li
Heng
Lu
Lei
Ma
Zhengli
Yang
Yuanzhi
Yao

Research on the service values of urban ecosystems is a hot topic of ecological studies in the current era of rapid urbanization. To quantitatively estimate the ecosystem service value in Chengdu, China from the perspectives of natural ecology and social ecology, the technologies of remote sensing (RS) and geographic information system (GIS) are...

Working Paper

中国にとっての2019年と2020年の前半は、世界経済の鈍化、米中貿易摩擦の長期化、コロナ問題の勃発など、山積の課題に対処しなければならない時期であった。米中貿易摩擦の影響もあり、中国の2019年のGDPは前年比6.1%の成長に止まった。

2020年1月-3月におけるGDP成長率は、昨年同時期に比べ6.8%下落するなかで開催した中国第十三期全国人民代表大会第3次会議では、内需拡大、雇用安定にフォーカスした政策パッケージを成立させた。 

コロナ対策に関連する予算措置規模は、9.2兆元(約147.2兆円)と推計され、「新エネ自動車の普及とEV充電スタンドの拡充」や次世代通信設備や5G技術などへの重点的な投資方針も決まった。

 2020年以降における中国経済のGDP成長率が不...

Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:

今年の3月、中国政府が全国人民代表大会(日本の国会相当)に提出した「政府報告書」を詳しく分析すると、2019年における中国政府の主な政策的関心は、環境対策(大気汚染等)、貧困対策(特に農村地域)、製造業のグリードアップ(高い環境性能と国際競争力の追求)、国内制度改革(市場開放、行政の透明化・効率化)、一帯一路戦略の推進、に集中しており、気候変動対策に対する立ち入った記述はない。

Commentary (Op. Ed)
Author:
Michael
Lettenmeier
Viivi
Toivio

This commentary summarises the key findings and implications of the study on Lifestyle Carbon Footprints: Long-term targets and case studies of the carbon footprints of household consumption. This study introduces and develops an approach to establishing lifestyle carbon footprints: greenhouse gases directly emitted during and indirectly induced by...

Peer-reviewed Article
In Energy Policy
Author:
Yongbin
Fan

Applying data gathered from 105 cement companies, this paper gives an analysis of how business views the upcoming national greenhouse gases emissions trading scheme in China. Despite a good overall understanding, the surveyed companies have not been able to prepare properly for the implementation of this policy. They still need training to enhance...

Peer-reviewed Article
In Journal of Cleaner Production
Author:
Weishi
Zhang
David
Stern
Wenjia
Cai
Can
Wang

Households may imperfectly implement energy saving measures. This study identifies two factors resulting in imperfect use of energy-saving technology by households. Households often continue to use old technologies alongside new ones, and the energy-saving technologies have shorter actual lifetimes than their designed lifetimes. These two factors...