Results 1 - 7 of 7 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 地球環境研究センターニュース
10月26日の菅首相の所信表明で、ようやく2050年脱炭素社会日本へ移行の号砲が鳴った。菅首相の宣言後、なぜ温室効果ガスの排出実質ゼロなんだとか、2050年までに脱炭素社会ができるのか、といった論議がある。しかしこれはできるできないではなく、宣言があろうがなかろうが、立ち向かわざるを得ない人類生存の問題、自然の理なのである。 記事全文はこちら:http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/2021_special/362001.html
Non Peer-reviewed Article
In 海外の森林と林業
Author:
基志
平塚
最近、地球温暖化対策において森林を含めた土地 利用分野の重要性が強調されている。2015 年の国 連気候変動枠組条約の第21 回締約国会議(COP 21)で採択されたパリ協定では、気温上昇を工業化 以前と比較して2℃ないしは1.5℃上昇までに抑えることが長期目標として合意された。これを受け、 IPCC が2018 年に公表した「1.5℃特別報告書」1)で は、目標達成のためにはすべての部門で従来にない 大規模なGHG 排出削減が必要であるが、それだけ では不十分で、森林等の吸収源を同時に活用する必 要性が示された。それに続いて2019 年に公表され た「気候変動と土地に関する特別報告書」2)を森林分野について要約すれば、現在は大きな排出源となっている天然林の減少を抑制し、2050 年までに...
Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:
今年の3月、中国政府が全国人民代表大会(日本の国会相当)に提出した「政府報告書」を詳しく分析すると、2019年における中国政府の主な政策的関心は、環境対策(大気汚染等)、貧困対策(特に農村地域)、製造業のグリードアップ(高い環境性能と国際競争力の追求)、国内制度改革(市場開放、行政の透明化・効率化)、一帯一路戦略の推進、に集中しており、気候変動対策に対する立ち入った記述はない。
Non Peer-reviewed Article
In Mitigation Talks: Series on NDCs (TERI)
TERI has developed a quarterly research letter – Mitigation Talks and started a new series on issues around Nationally Determined Contributions (NDCs). This January-March 2018 issue includes the article IGES prepared on the role of inclusive and participatory governance to achieve gender-responsive climate mitigation in Southeast Asia.
Non Peer-reviewed Article

国境を越えるパワーグリッドが 持続可能な社会をもたらす

In mundi
The article introduces potential of renewable energies in ASEAN countries.
Non Peer-reviewed Article
In United Nationa University Article
Author:
Joni Jupesta
There have been growing concerns over the protective measures needed, particularly with respect to energy and infrastructure systems within cities that are also experiencing mounting risks and exposure levels. In order to avoid risks and damage, and to strengthen resilience to natural disasters, national and local governments need to be prepared...