Results 1 - 10 of 1874 (Sorted by date)
Discussion Paper

Our lifestyles, through the impacts of our day-to-day activities such as eating, moving and commuting, heating and cooling our homes, taking work and care responsibilities, and so on, have become major threats to the sustainability of the environment. We are living beyond our ecological means and experiencing both very serious impacts on...

Presentation

2021年9月17日に開催されたる「気候変動ウェビナーシリーズ:「IGES炭素市場トラック「正しいクレジット活用のススメ」 ー第1回~第7回まとめー」でIGES高橋 副ディレクターが発表した資料となります。具体的には、以下のポイントをおさらいしながら、国際的な動向を踏まえた今後のクレジット活用のあり方を解説しています。

1. 炭素市場の全体像とそれぞれの関係性
2. パリ協定第6条の交渉の行方
3. 自主的炭素市場の方向性
4. クレジット活用に向けた論点

Policy Report

本レポートは、2021年6月に発表された生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)/気候変動に関する政府間パネル(IPCC)合同ワークショップ報告書「IPBES-IPCC Co-Sponsored Workshop Report on Biodiversity and Climate Change」の和訳を中心に、IGES研究員による解説や関連情報、IPBES及びIPCC関係者による鼎談等を収録したものです。ここには、生物多様性と気候変動への統合的な取り組みの重要性と論点、ならびに今後のIPBESやIPCCなどへの示唆がわかりやすく解説されています。

Peer-reviewed Article
In Land Degradation & Development
Author:
Deha
Umarhadi
Ram
Avtar
Wirastuti
Widyatmanti
Ali
Yunus
Khaled
Khedher
Gulab
Singh

Full text available at: https://onlinelibrary.wiley.com/share/author/CJXTXC7FFCKFZBJBWH2H?targe…

 

Peatlands in tropical regions like Indonesia are undergoing irreversible subsidence due to changes in land use (e.g., deforestation) and land management practices (e.g., drainage alteration), resulting in massive amounts of soil...

Peer-reviewed Article
In Computers, Environment and Urban Systems
Author:
Ronald
Estoque
Xuecao
Li
Ram
Avtar
Damasa
Macandog

Many developing countries in Asia are experiencing rapid urban expansion in climate hazard prone areas. To support climate resilient urban planning efforts, here we present an approach for simulating future urban land-use changes and evaluating potential flood exposure at a high spatial resolution (30 m) and national scale. As a case study, we...

Discussion Paper

温暖化に伴う水害の激甚化を受けて、地方自治体において防災・減災対策と適応策を統合し、適応能力と感受性により構成される脆弱性を低減させることが急務である。しかし、適応能力は多様な社会経済的な要素を含むため、政策上どの構成要素が重要であるかに関する包括的な検討は限定的である。そこで、本稿は、アンケート調査を実施し、地方自治体の現在の防災対策実施状況(ハード・ソフト・転換策の合計44対策)と各対策に関する将来の適応策の必要性認識に基づいて適応能力と感受性の構成要素の重要度を評価した。結果として、重要度が高く評価された適応能力要素は、地域コミュニティの「インフラ」(防災用)、「教育」(自主避難判断力、危険認知度)、「情報」(監視警戒力、情報伝達力)、「コミュニティガバナンス」(避難誘導力)、並びに...

Presentation

2021年8月20日に開催された「気候変動ウェビナーシリーズ:オフセット・クレジットの「信頼性」とは何か」で発表した資料となります。クレジットの信頼性に関する要素について説明しています。

当日のウェビナーリンク:https://www.iges.or.jp/jp/events/20210820

Discussion Paper

Japanese companies have pioneered the development of a large number of low-carbon technologies (LCTs). As a rapidly expanding economy with burgeoning energy requirements, India offers a significant potential market for Japanese LCTs. The industry sector in India accounts for a significant share of commercial energy use and hence carbon dioxide (CO2...

Presentation

2021年8月6日に開催された「気候変動ウェビナーシリーズ:自主的炭素市場の今後の行方―TSVCMレポート(PhaseⅡ)の解説」でIGES高橋 副ディレクターが発表した資料となります。炭素市場トラック第1回からのアップデートとともに、TSVCMが7月8日に発表した報告書の内容、今後の動向について説明しています。

当日の動画はこちらに掲載しています。

https://www.iges.or.jp/jp/events/20210806

第1回自主的炭素市場拡大タスクフォース等に関する動向]の資料はこちらです。

https://www.iges.or.jp/jp/events/20210416-cewebinar