Results 1 - 10 of 14 (Sorted by date)
Presentation
国際シンポジウム(科学研究費・基盤研究A)東アジアの持続可能な未来に向けたエネルギー、資源、土地利用の大転換と制度改革―東アジアの低炭素型エネルギー政策の挑戦と課題
Author:
東アジア環境政策研究会(REEPs)の科研研究プロジェクト(基盤研究(A))「東アジアの持続可能な未来に向けたエネルギー、資源、土地利用の大転換と制度改革」は東アジアレベルでのエネルギー、資源、環境など総合的な視点からの問題把握と解決への処方箋を見出すことを目的とします。この度、エネルギー分野の最一線で活躍されている中国国家発展改革委員会エネルギー研究所のZhou Fuqiu主任とFeng Shenbo研究員、Den Liangchen研究員、地球環境戦略研究所(IGES)の昔宣希研究員を招聘し、講演を行います。
Working Paper
キーポイント - 韓国の国内排出量取引制度は、5つ部門20以上の業種を対象にして、国の温室効果ガスの約70%をカバーする気候変動政策の中核な制度である。 - 同制度の導入根拠は、2010年制定された「低炭素グリーン成長基本法」により定められ、同法は、温室効果ガス削減のために市場メカニズムに基づく炭素市場及び排出枠取引の活用を強調しながら、今後の国際市場との連携についても念頭にしている。 - 同制度の基本方向及び制度設計について「排出量取引制度基本計画」に盛り込まれており、温室効果ガス削減目標の費用効果的な達成のための排出枠割当に関する事項は「国の排出枠割当計画」によって提示されている。 - 環境部が同制度の主務部庁として、(企画財政部と共同で)基本計画策定、割当計画策定...
Data or Tool
The Climate Policy and Market Mechanism Status Report aims at providing updated information on the status of national climate policy and market mechanisms in the selected countries. A particular focus is set on mechanisms such as the CDM, national ETS and the JCM. Countries covered: Cambodia, China, India, Indonesia, Korea, Lao PDR, Mongolia...
Data or Tool
The fact sheets aim at providing updated information on the status of national climate policy and market mechanisms including the CDM, GHG emissions and NAMAs for Cambodia, China, India, Indonesia, Korea, Laos PDR, Mongolia, Myanmar, the Philippines, Thailand and Viet Nam. In Japanese. 各国の気候変動政策及び市場メカニズム(CDM、温室効果ガス排出量及び国内における適切な緩和行動(NAMAs)...
Peer-reviewed Article
In Journal of Cleaner Production
Author:
Responding to the climate change, Korea has been establishing a domestic policy framework for promoting energy saving and greenhouse gases reduction, with the expansion of low carbon technologies for industry as a key area. This paper analyzes investment barriers for low carbon technology investment and suggests supportive policies based on a...
Presentation

Business Perspective to the Investment of Low Carbon Technologies: A Survey Study of Korean Petro-chemical Industry

環境経済・政策学会2015年大会
Author:
Commissioned Report

平成26 年度 日中韓三カ国環境大臣会合共同研究実施事業 「北東アジアの環境ガバナンスに係る共同研究」 報告書

Policy Brief
日中韓の3カ国の炭素価格制度の実施可能性を、エネルギー消費の多い企業を対象とした研究調査をもとに議論しています。炭素価格の引き上げが省エネ技術の導入を加速化させ、企業が一定水準の価格を受け入れることを明らかにし、各国への具体的な政策提言を示しています。Remarks:English version: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=5260
Conference Paper

The Pricing of An Analysis of Company’s Preferences to Carbon Tax Policy and GHG Emissions Trading Schemes in Korea

14th Global Conference on Environmental Taxation
Author:
Peer-reviewed Article
In Journal of Cleaner Production
This study measures industrial energy saving activities (ESAs) in the Republic of Korea and identifies their determinant factors by a questionnaire survey to the energy-intensive companies. More than 90% of the samples have practiced the institutional and managerial ESAs, requiring relatively lower costs and efforts. Although the companies have...