Results 1 - 10 of 452 (Sorted by date)
Fact Sheet
Side Event at the COP26 Japan Pavilion: Mutual Learning Program for Enhanced Transparency: capacity building for reporting under Article 6.2 and 13

Many countries have been making efforts to improve their capacities and prepare for the transition to the enhanced transparency framework (ETF) under the Paris Agreement. To promote these efforts, the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) and the Ministry of the Environment, Japan (MOEJ) have been conducting the Mutual Learning...

Discussion Paper

The objective of this paper is to explain elements that are related to credit credibility and high quality carbon credits to buyers (private companies) who are considering the use of offset credits. These elements could serve as a general guidance and should be considered when purchasing offset credits from voluntary carbon markets (VCMs). In...

Presentation

2021年10月15日に開催される「気候変動ウェビナーシリーズ:「COP26直前 パリ協定第6条基礎講座」でIGES高橋 副ディレクターの発表資料となります。COP26の焦点ともなるパリ協定第6条、市場メカニズムに関するルールについて解説します。

Presentation

2021年9月17日に開催された「気候変動ウェビナーシリーズ:「IGES炭素市場トラック「正しいクレジット活用のススメ」 ー第1回~第7回まとめー」でIGES高橋 副ディレクターが発表した資料となります。具体的には、以下のポイントをおさらいしながら、国際的な動向を踏まえた今後のクレジット活用のあり方を解説しています。

1. 炭素市場の全体像とそれぞれの関係性
2. パリ協定第6条の交渉の行方
3. 自主的炭素市場の方向性
4. クレジット活用に向けた論点

当日のウェビナーリンク:https://www.iges.or.jp/jp/events/20210917

Presentation

2021年8月20日に開催された「気候変動ウェビナーシリーズ:オフセット・クレジットの「信頼性」とは何か」で発表した資料となります。クレジットの信頼性に関する要素について説明しています。

当日のウェビナーリンク:https://www.iges.or.jp/jp/events/20210820

Discussion Paper

Japanese companies have pioneered the development of a large number of low-carbon technologies (LCTs). As a rapidly expanding economy with burgeoning energy requirements, India offers a significant potential market for Japanese LCTs. The industry sector in India accounts for a significant share of commercial energy use and hence carbon dioxide (CO2...

Presentation

2021年8月6日に開催された「気候変動ウェビナーシリーズ:自主的炭素市場の今後の行方―TSVCMレポート(PhaseⅡ)の解説」でIGES高橋 副ディレクターが発表した資料となります。炭素市場トラック第1回からのアップデートとともに、TSVCMが7月8日に発表した報告書の内容、今後の動向について説明しています。

当日の動画はこちらに掲載しています。

https://www.iges.or.jp/jp/events/20210806

第1回自主的炭素市場拡大タスクフォース等に関する動向]の資料はこちらです。

https://www.iges.or.jp/jp/events/20210416-cewebinar

Briefing Note

2015 年12 月にパリ協定が採択されてから約6 年がたち、ついに、2021 年11 月13 日に英国・グラスゴーで開催された第26 回国連気候変動枠組条約締約国会議で、パリ協定第6 条のルールがグラスゴーパッケージの一つとして採択された。2021 年7 月に6 条についての閣僚級会合が開催され、1)6 条2 項を通じた適応への貢献、2)6 条4 項における相当調整4、3)2020 年以前のCDM クレジットの移管が政治レベルで解決すべき問題として特定された。COP26 でも、この3 つが重要な論点として交渉が
行われた。本ブリーフィングノートでは、この3 つの論点の結果について解説する。