Results 1 - 10 of 467 (Sorted by date)
Submission to Policy Process
This submission, which includes a paper maintaining that indigenous knowledge and philosophical richness can help Asia transition to a more sustainable development paths, argues for a greater focus on looking back as countries move toward a post-pandemic future. More concretely, the paper outlines why and how countries in Asia should collaborate in...
Discussion Paper
Learning from cultural traditions and philosophies could help place countries in Asia on more sustainable development paths. This paper argues why and outlines how countries in Asia should collaborate in pooling and promoting good practices grounded in indigenous knowledge and philosophies to mainstream sustainability at the local, national...
Commentary (Op. Ed)
10月26日に行われた、菅内閣総理大臣の所信表明演説で「2050年脱炭素社会の実現」を目指すとした方針についての、IGESコメントです。 脱炭素化の方向性と時間軸を明確に示すことは、企業や投資家の長期的視点に立った経営・投資判断を支えることにつながります。また、2050年脱炭素化は、パリ協定が目指す1.5℃目標にも整合する非常に野心的な目標で、総理大臣自らが2050年脱炭素化社会の実現を宣言したことをIGESは大いに歓迎します。 一方で、新型コロナウイルスによって減速した日本経済の立て直しに向けた経済復興策は、欧州における「欧州グリーンディール」のような、経済刺激策を気候変動やその他の環境課題への対策と結び付ける対策が乏しく、令和3年度予算編成におけるグリーンディールの作り込みが急務です。...
Commentary (Op. Ed)
聖教新聞
本記事では、新型コロナウイルス(COVID-19)からの「グリーン・リカバリー(緑の復興)」について、欧州連合の取り組み(欧州グリーンディール)を紹介し、日本での緑の復興の可能性や課題について述べている。 本記事は、聖教新聞に2020年9月30日に掲載された。
Presentation
IGESプレスセミナー -地球環境課題と国際動向 解説シリーズ2020- 第2回 新型コロナウイルスと地球環境課題、各国が目指すグリーン・リカバリー
報道関係者向け説明会「地球環境課題と国際動向解説シリーズ」は、ますます複雑化し、なおかつ緊急性を増す様々な地球環境課題について、IGESの研究成果をもとに解説する、報道関係者限定の説明会です。説明会終了後に発表資料と動画の一部を公開しています。 この資料は、2020年9月17日に開催された「地球環境課題と国際動向解説シリーズ2020 第2回 新型コロナウイルスと地球環境課題、各国が目指すグリーン・リカバリー」でのプレゼンテーションです。9月3日、小泉環境大臣の提案によって開催されたオンライン・プラットフォーム「新型コロナウイルスからの復興と気候変動・環境対策に関する閣僚会合」と、webサイト「Redesign2020」を通じて収集された各国の取り組みについて解説したものです。
Presentation
AAS-in-Asia 2020 Asia at the Crossroads: Solidarity through Scholarship
Author:
Lukas Maximilian
MÜLLER
China and Japan have been competing with each other over economic assistance, which is, according to both liberal and realist perspectives, a diplomatic tool to exercise the nation's influence over the recipient nation. Among other things, rapid railway system is an example of such a competition (e.g, Indonesian project), and for a recipient...
Data or Tool
IGES Biennial Update Report (BUR) Database provides key information reported in biennial update reports (BURs) submitted by Non-Annex I Countries to the UNFCCC. According to UNFCCC COP decision 2/CP.17, non-Annex I Parties, consistent with their capabilities and the level of support provided for reporting, should submit their first BUR by December...
Presentation
多摩市気候非常事態宣言 記念 オンライン講演会
本資料は、2020年8月22日に開催された、多摩市気候非常事態宣言 記念 オンライン講演会での発表資料です。 1.「気候危機」は、誰にとって、どのようなリスクなのか、2. 気候危機に取り組むため、国や自治体、ビジネスがどのような行動を開始しているのか、3.コロナ禍から、どのように「より良い回復」(グリーン・リカバリー)を目指すのか、4.強靱、持続可能で脱炭素型の地域とライフスタイルへの転換をどう進めるのか についてまとめています。
Data or Tool
The IGES Kyoto Units Transfer Database (CP1 & CP2) provide compiled information on all issuance, international transfer, retirement, and cancellation of Kyoto units from each Annex I country or among different Annex I countries for the 1st and 2nd commitment periods of the Kyoto Protocol (CP1 and CP2). The information is extracted from publicly...
Policy Report
Author:
Molly K.
White
Valeria
Arroyave
This document describes the key findings, research methods, assessment results, and suggestions for future work resulting from the compilation of the Global Database of National GHG Inventory Capacity in Developing Countries. Principle to this research was the creation of two GHG inventory capacity indices, GHGI Capacity and GHGI Applied. The two...