Results 1 - 10 of 13 (Sorted by date)
Commissioned Report
本業務は、この新たに策定された行動計画のうち、「気候変動対応」と「グリーン経 済への移行」の2分野に関連する共同研究について、これまで三カ国で実施してきた共 同研究の内容及び成果を踏まえ、今後の研究方針計画を策定し、中国及び韓国の担当者 と協議を行い、三カ国間で今後の進め方を提案することを目的とする。このほか、我が 国がTEMM の枠組みをはじめとする数多くの環境協力を中国及び韓国と行っているこ とに鑑み、今後のTEMM に関する行動計画をはじめ、中国及び韓国との環境協力の効 率的な推進のため、中国及び韓国における環境行政の体制及び活動実態について分析し、 これをまとめた資料を作成することを目的とする。また、平成28 年4月、第18 回 TEMM(TEMM18)は、静岡市にて開催された...
Keywords:
Commissioned Report
The objective of this work was to develop a research plan and propose how the three countries could move forward on joint research related to two of the priority areas in the Joint Action Plan (Climate Change Response and Transition to a Green Economy), in consultation with the counterparts from Korea and China, based on results of the previous...
Briefing Note
The first G20 Summit meeting in China was held in Hangzhou on 4 and 5 September, 2016. This IGES Briefing Note considers the implications of the meeting for climate change, green finance and Sustainable Development Goals (SDGs), as well as the overall context of holding the meeting in China for the first time. From a sustainability perspective, the...
Presentation

A Survey Study of Carbon Pricing toward the Diffusion of Low Carbon Technologies in Chinese Industries

Asian Conference of Management Science and Applications (ACMSA) 2015
Peer-reviewed Article
In International Journal of Remote Sensing
Author:
Haireti
ALIFU
Ryutaro
TATEISHI
A remote sensing-based method was developed for mapping debris-covered glaciers. It is significant because it is difficult to get an accurate estimate of glacier extent in areas with rocky debris, but accurate glacier maps are important for monitoring impacts of climate change and for water resource management in arid regions.
Commissioned Report

平成26 年度 日中韓三カ国環境大臣会合共同研究実施事業 「北東アジアの環境ガバナンスに係る共同研究」 報告書

Discussion Paper
2014年11月12日、米中首脳会談後の共同声明において、米国と中国が、以下のような温室効果ガス(GHG)の排出削減目標を発表した。 o 米国:2025年までにGHG排出量を2005年比で26~28%削減 o 中国:2030年頃までに、なるべく早い時期にCO2排出量を頭打ち(ピークアウト); 一次エネルギー消費における非化石燃料の割合を2030年までに約20%  本稿では、米中の2020年以降の温暖化対策目標について、既存文献で示される両国の排出経路シナリオと比較することにより、目標の野心度についての評価を行った。評価するに当たり、気温上昇2℃未満抑制に向けた排出経路との整合性、及び目標達成のための追加的な努力の必要性、という二つの評価軸を用いた。前者は環境十全性の視点から評価であり...
Presentation

The Progress of Climate Policies and the Feasibility of Carbon Pricing in Northeast Asia

Fudan International Forum on Management
Policy Brief
日中韓の3カ国の炭素価格制度の実施可能性を、エネルギー消費の多い企業を対象とした研究調査をもとに議論しています。炭素価格の引き上げが省エネ技術の導入を加速化させ、企業が一定水準の価格を受け入れることを明らかにし、各国への具体的な政策提言を示しています。Remarks:English version: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=5260
Commissioned Report

The Clean Development Mechanism and International Capital Flows: An Empirical Study on the Factors Contributing to Capital Mobility in CDM Projects