Results 1 - 10 of 16 (Sorted by date)
Commissioned Report

事業概要

① 生産国の現地情報収集事業

木材関連事業者が取り扱う木材等の合法性の確認を適切に実施できるよう、生産国(カメルーン、ガボン、モザンビーク)における木材の流通や関連法案に関する情報を収集し、「クリーンウッド・ナビ」に掲載できる形に取りまとめる。

② 追加的措置の先進事例収集事業

木材関連事業者が取り扱う木材等の合法性の確認のうち追加的な情報収集を適切に実施できるよう、違法伐採対策の関連法令が整備されている国(アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア)のリスク低減に係る先進事例を調査し、「クリーンウッド・ナビ」に掲載できる形に取りまとめる。

Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

Presentation

オーストラリア② <先進事例:違法伐採禁止法>

「令和元年度「クリーンウッド」利用推進事業のうち海外情報収集事業」成果報告会

「令和元年度「クリーンウッド」利用推進事業のうち海外情報収集事業」成果報告会において、先進事例としてオーストラリアの違法伐採対策について発表した。

Discussion Paper

2014年11月12日、米中首脳会談後の共同声明において、米国と中国が、以下のような温室効果ガス(GHG)の排出削減目標を発表した。
o 米国:2025年までにGHG排出量を2005年比で26~28%削減
o 中国:2030年頃までに、なるべく早い時期にCO2排出量を頭打ち(ピークアウト); 一次エネルギー消費における非化石燃料の割合を2030年までに約20%
 本稿では、米中の2020年以降の温暖化対策目標について、既存文献で示される両国の排出経路シナリオと比較することにより、目標の野心度についての評価を行った。評価するに当たり、気温上昇2℃未満抑制に向けた排出経路との整合性、及び目標達成のための追加的な努力の必要性、という二つの評価軸を用いた。前者は環境十全性の視点から評価であり...

Discussion Paper
Author:
Jusen
ASUKA
Songli
ZHU

Recently, many mega-cities in China are suffering from heavy soot-laden smog including small particulate matter such as PM2.5. First reason is that there must be a very stable atmospheric condition with weak vertical exchanges of air between a boundary layer and upper layer that leads to the formation of fogs and haze. Second reason is the very...

Discussion Paper
Author:
Tian Yanfang

Since the end of the 1990s, the Sino-Russian border regions have witnessed a dramatic, unprecedented increase in cross-border timber trade that has made Russia the largest log supplier for China's expanding wood industry sector. Driving factors include: severe constraints in China's domestic wood supplies, the availability of rich forest resources...

Policy Brief

先進国を中心とする木材需要の高まりに応じて、人工林の総面積は過去20年で10倍に拡大した。荒廃地等における人工林の増加は、天然林に対する伐採圧力を緩和し、気候変動の抑制、住民の生計への支援、国家の開発政策への寄与など、極めて重要な役割を担っている。

現在、世界の人工林の60%以上はアジアに存在している。近年におけるアジアの人工林面積の急激な拡大は、特に中国、ベトナム、インドなどにおいて大規模な造林プログラムが実施されてきた結果である。しかし、農村地帯における企業又は政府主導の人工造林は、地域住民を彼らの生活の重要な基盤となっている土地から排除する結果となることが多く、しばしば地域の社会紛争を引き起こしてきた。造林プログラムに地域住民が参加している場合でも、土地利用が制限されるため...

Policy Brief
IGES Policy Brief

Partly due to the worldwide upsurge in industrial demand for timber, the number of planted forests has increased ten-fold in the last 20 years. These planted forests currently comprise only about 5% of the world’s forest area, but supply 35% of industrial logs and have critical roles to play in releasing pressure on natural forests, mitigating...

Policy Report

This study examines two major transitions in forest governance - decentralisation and state-sponsored (formal) community forestry - with respect to whether they are opening spaces for communities to contribute to sustainable forest management. Our main thesis is that there is a need for democratic decentralisation in order to effectively re-engage...

Book Chapter

退行還林の光と影

In shinrin kankyo 2006 sekai no shinrin wa ima

Remarks:

森林環境2006 世界の森林はいま
発行:(財)森林文化協会
発売:朝日新聞社