Results 1 - 10 of 17 (Sorted by date)
Commissioned Report

平成26年度 アジアの低炭素社会実現のためのJCM事業対象都市自治体セミナー業務 業務報告書

Commissioned Report

デマンドレスポンス制度導入による夏季エネルギー消費量変化の推計

Author:
Chika Ishida
Commissioned Report

平成25年度環境省推進費E1105- 低炭素街区群形成の地域展開方策

Commissioned Report

Final Report on Promoting Municipal Solid Waste Management through Composting in Asia

RETA 7450 Project Preparation Support for Livable Cities (ADB funded)
Commissioned Report
本業務では、東アジア地域におけるESC の更なる推進及び我が国の持続可能な都市づくりの経験の共有を目的として、以下の3点を検討した。 (1) 東アジア地域におけるESCの現状に関する調査 (2) 第5回環境的に持続可能な都市(ESC)ハイレベルセミナー開催 (3) EAS 環境大臣会合におけるESC 分野の今後の協力の在り方
Commissioned Report
本事業は、2013年8月の我が国政府とインドネシア政府間における二国間クレジット制度(JCM)の合意を受け、同国スラバヤ市における具体的なJCM大規模案件形成の可能性を探るべく、同市の主要エネルギー消費分野を対象に、温室効果ガス(GHG)排出量の削減可能性を調査したものである。対象分野は、エネルギー、交通、廃棄物、水資源の4分野であり、その全体報告書と共に、分野ごとの調査結果を取りまとめた。
Commissioned Report
In August 2013, Japan and Indonesia agreed to promote the Joint Crediting Mechanism (JCM) to develop large-scale, concrete JCM projects. As part of this, this project studied the potential to reduce greenhouse gas (GHG) emissions in the main energy consumption fields in Surabaya. Target areas included the four sectors of energy, transportation...
Commissioned Report

上海-构建21世纪“弹性”城市研究报告

Author:
Commissioned Report
インドネシアは二国間クレジット制度(JCM)署名国のひとつであり、2020年までに温室効果ガス(GHG)排出量を成り行きベース(BAU)比で26%削減(国際支援を受けた場合は41%削減)することを誓約している。目標値である26%の削減を達成するためには運輸部門における積極的な行動が必要となる。そのため日本のようなドナー国が次の点に注意することが重要となろう。(1)運輸部門事業を分析する際、26%・40%削減の目標値が達成可能か否かを確認する (2)JCMのような金融支援メカニズムが事業案の中でも有望なものに適用可能か否か。本報告書は大きく分けて4つのセクションから構成されており、その分析を進めている。 最初のセクション(前書き以降...