Results 1 - 10 of 18 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 地球環境研究センターニュース
10月26日の菅首相の所信表明で、ようやく2050年脱炭素社会日本へ移行の号砲が鳴った。菅首相の宣言後、なぜ温室効果ガスの排出実質ゼロなんだとか、2050年までに脱炭素社会ができるのか、といった論議がある。しかしこれはできるできないではなく、宣言があろうがなかろうが、立ち向かわざるを得ない人類生存の問題、自然の理なのである。 記事全文はこちら:http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/2021_special/362001.html
Submission to Policy Process
Author:
W.M.D.
Lanza
Ruwanthi
Fernando
Hemanthi
Goonasekera
Subakaran
Arumaithurai
Shivantha
Goonasekera
Anurudda
Karunarathana
Thilini
Rajapaksha
This report is a Sinhala version (one of local languages in Sri Lanka) of "Waste Management Strategy and Action Plan for Negombo City, Sri Lanka, 2020–2030" The Waste Management Strategy and Action Plan (WMSAP) for Negombo is the outcome of committed team effort of city officials led by the Mayor and Commissioner of the Negombo City. The strategy...
Submission to Policy Process
This report is a Tamil version (one of local languages in Sri Lanka) of "Waste Management Strategy and Action Plan for Negombo City, Sri Lanka, 2020–2030" The Waste Management Strategy and Action Plan (WMSAP) for Negombo is the outcome of committed team effort of city officials led by the Mayor and Commissioner of the Negombo City. The strategy...
Submission to Policy Process
Author:
W.M.D.
Lanza
Ruwanthi
Fernando
H.A.U.K.
Gunarathane
Hemanthi
Goonasekera
Subakaran
Arumaithurai
Shivantha
Goonasekera
Anurudda
Karunarathana
Thilini
Rajapaksha
The Waste Management Strategy and Action Plan (WMSAP) for Negombo is the outcome of committed team effort of city officials led by the Mayor and Commissioner of the Negombo City. The strategy also received inputs from committee members of Negombo Municipal Council (NMC) which comprised of Finance Committee, Health Committee, Industrial Committee...
PR, Newsletter or Other
「北摂里山地域循環共生圏」が目指す姿は、西谷、中谷、東谷の3地区のそれぞれの強みと弱みを補完し、融合を進めることで、豊かな自然環境を保全し、さらに近接する都市部住民との交流を積極的に促すことにより地域経済を活性化し、里山文化保全を中心とした地域循環共生圏モデルを形成することです。その実現に向けた具体的な活動として、以下の5つを実施する。 1) 太陽光発電と農業を両立させたソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)の普及・拡大 2) 間伐材や剪定枝葉を原料とした木質チップやペレットの生産及び乳牛ふん尿からのバイオガス生成等のバイオマスの利活用 3) 太陽光発電による電力及びバイオガス(バイオ燃料)利用によるクリーンで住民及び訪問者の需要に応じた地域交通システムの構築 4) 農畜産物や市民農園...
Keywords:
Conference Paper
第15回日本LCA学会研究発表会講演要旨集
パリ協定の実施やネット・ゼロを目指す自治体や地域の増加を踏まえ、ライフスタイルの転換への注目が高まっている。カーボンフットプリント研究により日本においても製品やサービスの購入を通じた間接排出量がライフサイクルGHG 排出の半分以上を占めることが明らかとなっている。しかし、ライフスタイル及び消費パターンは多様であるため、一国における平均値や合計値だけではこの課題を捉えきれない。国内における消費者間の差に着目した分析が望まれるが、既存研究は世帯人数、収入、年齢に着目した分析が殆どである。本研究では、全国消費実態調査の匿名ミクロデータを用いて日本における約47,000サンプル世帯の一人当たりカーボンフットプリントを推計した。さらに、推計したカーボンフットプリントに関し...
Technical Report
本報告書は、ライフスタイル・カーボンフットプリント(※)を軸に私たちの日常生活での消費や行動が気候変動に与える影響を推定し、パリ協定の目標達成と豊かな暮らしの両立を探るものです。 ※家計が消費する製品やサービスのライフサイクル(資源の採取、素材の加工、製品の製造、流通、使用から廃棄)において生じるGHGの排出量 IGESは、2019年2月にフィンランド・アールト大学およびD-matと共同で『1.5-Degree Lifestyles – Targets and Options for Reducing Lifestyle Carbon Footprints』を発刊し、日本、フィンランド、中国、ブラジル、インドの平均的な暮らしでの温室効果ガス(GHG)排出量や特徴...
Peer-reviewed Article
In Sustainability
Addressing the prevailing mode of high-carbon lifestyles is crucial for the transition towards a net-zero carbon society. Existing studies fail to fully investigate the underlining factors of unsustainable lifestyles beyond individual determinants nor consider the gaps between current footprints and reduction targets. This study examines latent...
Research Report
Author:
Michael
Lettenmeier
Viivi
Toivio
Tämä raportti ehdottaa hiilijalanjälkitavoitteita ja vaihtoehtoja sille, miten yhteiskunta voi elämäntapamuutosten kautta rajoittaa ilmaston lämpenemisen enintään 1,5 asteeseen Pariisin ilmastosopimuksen tavoitteiden mukaisesti. Sekä aihetta käsittelevä kirjallisuus että poliittinen päätöksenteko ja liike-elämä ovat toistaiseksi keskittyneet...
Technical Report
Author:
Michael
Lettenmeier
Viivi
Toivio
This report demonstrates that changes in consumption patterns and dominant lifestyles are a critical and integral part of the solutions package to addressing climate change. The report fills a gap in the existing research by establishing global targets for lifestyle carbon footprints, examining current consumption patterns and their impacts on...