Results 1 - 10 of 735 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Sustainability Science

Global environmental change, the depletion of natural resources, and unacceptable levels of pollution, among other anthropogenic impacts on the planet and its ecosystems, demand a radical shift in the way humankind develops. Global agreements like the “2030 Agenda for Sustainable Development” or the “Paris Agreement on Climate Change” seek to...

Policy Report
Author:

一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)および公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES=アイジェス)は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」について、日本企業の取り組み実態に関する最新の調査結果をとりまとめた、SDGs日本企業調査レポート2020年度版「コロナ禍を克服するSDGsとビジネス」を3月25日(木)に発刊しました。

5年目となる今回のレポートでは、GCNJ会員を対象としたアンケートで回答を得られた208企業・団体の調査結果と企業・団体トップへのヒアリング結果をもとに、GCNJ会員のSDGsに関する認知度や取り組み状況について5年間の進展度合いを分析するとともに、サステナビリティの観点から、コロナ禍でクローズアップされたビジネスや働き方の変化...

Presentation

SDGs 日本企業調査レポート2020の結果説明

2021年3月25日にグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンとIGESが開催した「SDGs日本企業調査レポート2020年度版 出版記念オンラインセミナー」での報告資料です。

Peer-reviewed Article
In Sustainability Science

Urbanization and concomitant challenges pose a great threat to sustainable development. Urban and rural development
interacts through the flows of people, materials, energy, goods, capital, and information. Without building sound urban–rural linkages, achieving development in one area could compromise it in another area. Achieving sustainable...

Policy Brief
Author:
Maria Katherina
Patdu
Kakuko
Nagatani-Yoshida
Glynda
Bathan-Baterina
Dang Marviluz
Espita-Casanova
Bjarne
Pederson
Markus
Amann
Zbigniew
Klimont
Nathan
Borgford-Parnell
Ken
Yamashita
Kathleen
Mars
Charlotte
Unger
Toshihiko
Takemura
Xianqiang
Mao
Youkai
Xing
Yeora
Chae
Badri G.
Narayanan

Key Messages

  • A reason COVID-19 has had such far-reaching impacts is it stems from multiple interconnected risks. The difficulties that policymakers face in managing related risks not only deepen vulnerabilities to COVID-19 but other planetary crises.
  • Explicitly recognizing and acting to achieve the co-benefits of integrated air pollution...
Non Peer-reviewed Article
In グリーン・パワー

2019年から2020年にかけて、英国をはじめとして、ドイツ、フランス、EU、中国、日本、韓国などの世界の主要国において、2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量を正味ゼロにする目標(以下、ネット・ゼロ)が相次いで打ち出された。さらに、米国の次期大統領であるバイデン氏は選挙期間中に発表した公約の中で、2050年までにGHG排出ネット・ゼロを実現すると表明している。今や、ネット・ゼロを達成した世界をいかに展望し、そこにどのような道筋で到達するかに真摯に取り組む時代に突入した。

このような中IGESでは、2020年6月に研究レポート「ネット・ゼロという世界-2050年日本-」を日本国内では先駆けて公表した。本レポートをもとに、日本とアジアのネット・ゼロの世界像について記述した。

Submission to Policy Process

Municipal Solid Waste (MSW) management, particularly final disposal as open dumps has become a global issue. Worldwide, dumpsites are the third largest anthropogenic source of methane, accounting for 11 percent of estimated global methane emissions or 881 million tonnes of CO2 equivalent. The 50 largest dumpsites affect the daily lives of 64...

Presentation
Data-oriented Approaches to the Social Sciences and Humanities
Author:

The workshop was organized by Centre for Southeast Asian Studies, Kyoto University in February 2021. The workshop focused on the data oriented approaches for social science and policy making processes. This presentation was invited to the 'Innovations and continuous challenges to the use of hard data in the humanities and social sciences' panel...