Results 1 - 10 of 84 (Sorted by date)
Submission to Policy Process

Plastics are part of everyday life for most of the people in the world and it is also used extensively in the industry. Globally about 368 million tonnes are produced annually where Asia accounts for more than half of the global plastic production. Sri Lanka currently imports virgin plastic raw materials for varying applications which amounts to...

Working Paper
Author:
Anurudda
Karunarathna
Thilini
Rajapaksha
Yasas
Gamagedara

This report presents the challenges faced and opportunities revealed through a study of two cases of source-segregated waste collection by local authorities in Sri Lanka; Moratuwa Municipal Council, in Colombo, and Kataragama Pradeshiya Sabha, in Monaragala for the purpose of raising planning and decision making capacities not only in Sri Lanka but...

Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

Presentation
オンラインセミナー「2050年脱炭素社会の実現に向けて私たちができること~コロナ禍からのグリーンリカバリー~」

2050年にどのような「日本社会」を構築するのかという私たちの社会のあり方を根本的に考える

 

アジェンダなど:https://www.iges.or.jp/en/node/11095

動画:https://www.youtube.com/watch?v=oD_hVwFksBY 

 

Working Paper
Effective Plastic Waste Management in Sri Lanka
Author:
Anurudda
Karunarathna
Thilini
Rajapaksha

This case study report examines the establishment and evolution of plastic waste recycling under two different operational modalities in urban areas of Sri Lanka; 1) single municipal operation, and 2) PPP (Public Private Partnership) based operation. This report provides an analysis of each modality in terms of effectiveness, technical feasibility...

Working Paper
Author:
Anurudda
Karunarathna
Thilini
Rajapaksha

This report presents three case studies in the context of centralised large-scale composting facilities in Sri Lanka in order to reveal the factors and approaches that led to positive results under different type of operational modality, i.e., 1) single municipal operation, 2) provincial operation, and 3) joint consortium operation (operated by two...

Submission to Policy Process

Municipal Solid Waste (MSW) management, particularly final disposal as open dumps has become a global issue. Worldwide, dumpsites are the third largest anthropogenic source of methane, accounting for 11 percent of estimated global methane emissions or 881 million tonnes of CO2 equivalent. The 50 largest dumpsites affect the daily lives of 64...

Submission to Policy Process
Author:
Emani Kumar
Soumya Chaturvedula
Ritu Thakur
Achu R Sekhar
Rahul Singh
Sumskrutha Shroff
Anuradha Adhikari
Harini Kolli

Plastics are an integral part of our daily life. Today, the linear model of “make, use, and dispose” plastic materials poses a serious threat to the public health and environment. Though there are a large number of interventions made across the country, the impact is not yet visible. It is realised that challenges with plastic waste are so...

Commissioned Report

北九州市アジア低炭素化センターは20106月に開設され、今年開設10周年を迎える。そこで、北九州市は、同センター開設10周年記念事業として、投資家、企業経営者、起業家等の民間企業関係者を対象とした「ホラシス会議」の誘致を予定している。当業務では、ホラシス会議の全体会で取り上げるテーマ案として、同センター開設10周年記念事業として相応しいテーマ案を設定するものである。

Commentary (Op. Ed)

10月26日に行われた、菅内閣総理大臣の所信表明演説で「2050年脱炭素社会の実現」を目指すとした方針についての、IGESコメントです。

脱炭素化の方向性と時間軸を明確に示すことは、企業や投資家の長期的視点に立った経営・投資判断を支えることにつながります。また、2050年脱炭素化は、パリ協定が目指す1.5℃目標にも整合する非常に野心的な目標で、総理大臣自らが2050年脱炭素化社会の実現を宣言したことをIGESは大いに歓迎します。

一方で、新型コロナウイルスによって減速した日本経済の立て直しに向けた経済復興策は、欧州における「欧州グリーンディール」のような、経済刺激策を気候変動やその他の環境課題への対策と結び付ける対策が乏しく...