Publications Search

Results 1 - 10 of 256 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Sustainability: Science, Practice and Policy
Author:
Tomohiro
Tasaki
Yusuke
Kishista
Eri
Amasawa
Pongsun
Bunditsakulchai
Jitti
Mungkalasiri
Masahiko
Hirao

Ensuring sustainable consumption and production (SCP) patterns is an important task for achieving Sustainable Development Goal 12 by 2030. To facilitate international and domestic collaboration toward regional SCP, we developed a collaborative workshop method to generate and structure ideas about consumption and production (CP) patterns and...

Policy Report
Author:
Joseph Edward Alegado
Jose Miguel Aliño
Stephen Cheuk Fai Chow
Ma. Brida Lea Diola
Lea Gurrero
Von Hernandez
Yuichi Ishimura
Effie Kim
Doun Moon
Mitsu Okuno
Gemma Pelogio
Peixun Pey
Tiara Samson
Satyarupa Shekhar Swain
Maria Antonia Tanchuling,
Vu Duc Canh

Plastic is ubiquitous: we use it for life-saving medical devices, clothing, toys and cosmetics; we use it in agriculture and industry. But we also know the growing risk of plastic waste in the environment, landfills and the oceans. 

For example, the amount of plastic that some fulmars accumulate in their stomachs during their lives is...

Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、非持続可能な消費と生産による気候危機などの地球規模の環境問題への対応策として持続可能な木材の需要が増している。このニーズに対し、木材輸入国側が違法伐採対策として実施する合法性確認アプローチはどのように貢献できるだろうか。本稿は、この問いについて検討するために、パプアニューギニア(PNG)の天然林の伐採とタイの地域住民林業について報告する。PNGは熱帯広葉樹丸太の最大の供給国であり、輸出を目的とした丸太生産が林業の基盤となっている。一方でタイでは、地域住民林業によるゴムノキやユーカリ植林木が主要な木材供給源であり、加工製品の輸出が盛んである。これら2 国の伐採制度を概観し、持続可能性確保のために合法性確認アプローチを進めるには、何に注意を払うべきなのか...

Submission to Policy Process

Plastics are part of everyday life for most of the people in the world and it is also used extensively in the industry. Globally about 368 million tonnes are produced annually where Asia accounts for more than half of the global plastic production. Sri Lanka currently imports virgin plastic raw materials for varying applications which amounts to...

Working Paper
Author:
Anurudda
Karunarathna
Thilini
Rajapaksha
Yasas
Gamagedara

This report presents the challenges faced and opportunities revealed through a study of two cases of source-segregated waste collection by local authorities in Sri Lanka; Moratuwa Municipal Council, in Colombo, and Kataragama Pradeshiya Sabha, in Monaragala for the purpose of raising planning and decision making capacities not only in Sri Lanka but...

Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

Presentation
オンラインセミナー「2050年脱炭素社会の実現に向けて私たちができること~コロナ禍からのグリーンリカバリー~」

2050年にどのような「日本社会」を構築するのかという私たちの社会のあり方を根本的に考える

 

アジェンダなど:https://www.iges.or.jp/en/node/11095

動画:https://www.youtube.com/watch?v=oD_hVwFksBY