Results 1 - 10 of 20 (Sorted by date)
Discussion Paper

Our lifestyles, through the impacts of our day-to-day activities such as eating, moving and commuting, heating and cooling our homes, caring, working, and so on, have become major threats to the sustainability of the environment. While continued economic growth and urbanisation in many countries are expected, it is imperative to consider how we...

Discussion Paper

Unmanaged plastic waste poses a major socio-economic, environmental and health risk to urban and marine environments in the Asia Pacific. Each year South-east Asian countries produce 11.7 million metric tonnes of plastic waste, of which over 60% is derived from urban areas. Therefore a focus on effective city governance will be vital to...

Commentary (Op. Ed)

10月26日に行われた、菅内閣総理大臣の所信表明演説で「2050年脱炭素社会の実現」を目指すとした方針についての、IGESコメントです。

脱炭素化の方向性と時間軸を明確に示すことは、企業や投資家の長期的視点に立った経営・投資判断を支えることにつながります。また、2050年脱炭素化は、パリ協定が目指す1.5℃目標にも整合する非常に野心的な目標で、総理大臣自らが2050年脱炭素化社会の実現を宣言したことをIGESは大いに歓迎します。

一方で、新型コロナウイルスによって減速した日本経済の立て直しに向けた経済復興策は、欧州における「欧州グリーンディール」のような、経済刺激策を気候変動やその他の環境課題への対策と結び付ける対策が乏しく...

Discussion Paper

Sustainable Lifestyles Policy and Practice: Challenges and Way Forward provides an overview of the current (2019) situation for sustainable lifestyles globally.  It includes 32 case studies from around the world, showing on-going efforts to support the transition to sustainable ways of living.

The key messages of the publication are:

  • There...
Discussion Paper

This report provides diverse possibilities of the future in 2050 as the basis for discussions on future lifestyles by different stakeholders and citizens in a more participatory foresight process. Based on the outcome of a survey of future-oriented experts, this report gathers insights from experts in diverse fields on a global scale, with both...

Discussion Paper

This paper explores the current understanding regarding the Circulating and Ecological Economy (CEE) and the Regional/Local CES concepts put forward by Japan’s Fifth Basic Environment Plan. The CEE and the Regional/Local CES advance a low-carbon, self-reliant, and decentralised society based on living in harmony with nature. The Regional/Local CES...

Discussion Paper

循環経済(サーキュラーエコノミー)とは、資源循環を通じた経済の在り方であり、調達、生産、消費、廃棄といった一方向の流れではなく、リサイクル、再利用、再生産、省資源の製品開発、シェアリングなどを通じた資源循環の実現を目指す概念である。本稿では、欧州における政策開発や国際合意を背景に近年急速に機運が高まりつつある循環経済に焦点を当て、なぜいま世界的に循環経済が注目されているのか、またその実施に向けた動きをSDGsやビジネスの観点から概観している。

Commentary (Op. Ed)
日本LCA学会誌

人間の福利を満たすレベルに充分な程度の経済発展や消費のあり方を希求する考え方。
持続可能性(Sustainability)に関連して充足性が議論される場合には、2つの大きな潮流がある。第1は、経済活動を際限なく拡大することへの反省を込めて、充足性が議論される場合である。ブータンの「Gross National Happiness」指標や、タイの「Sufficiency Economy(セータキット・ポーピアン)」の背景となっている。第2は、経済開発と資源利用ないしは環境負荷との「切り離し」に関する場合である。「切り離し」を実現する方法としては、これまで技術改良による効率性の改善が主流であったが、効率性の改善が消費や環境負荷の抑制につながらずに資源の総消費や環境負荷総量を高めてしまう...

Commentary (Op. Ed)
Author:
Michael
Lettenmeier
Viivi
Toivio

This commentary summarises the key findings and implications of the study on Lifestyle Carbon Footprints: Long-term targets and case studies of the carbon footprints of household consumption. This study introduces and develops an approach to establishing lifestyle carbon footprints: greenhouse gases directly emitted during and indirectly induced by...

Discussion Paper

2015年12月に発表された「EU新循環経済政策パッケージ(Closing the loop - An EU action plan for the Circular Economy)」の概要と主なポイントをまとめました。

Remarks:

2015年12月に発表された「EU新循環経済政策パッケージ(Closing the loop - An EU action plan for the Circular Economy)」の概要と主なポイントをまとめた。(2016年4月6日一部改定)