Results 1 - 6 of 6 (Sorted by date)
Technical Report

本報告書は、ライフスタイル・カーボンフットプリント(※)を軸に私たちの日常生活での消費や行動が気候変動に与える影響を推定し、パリ協定の目標達成と豊かな暮らしの両立を探るものです。

※家計が消費する製品やサービスのライフサイクル(資源の採取、素材の加工、製品の製造、流通、使用から廃棄)において生じるGHGの排出量

IGESは、20192月にフィンランド・アールト大学およびD-matと共同で『1.5-Degree Lifestyles – Targets and Options for Reducing Lifestyle Carbon Footprints』を発刊し、日本、フィンランド、中国、ブラジル、インドの平均的な暮らしでの温室効果ガス(GHG)排出量や特徴...

Technical Report
Author:
Michael
Lettenmeier
Viivi
Toivio

This report demonstrates that changes in consumption patterns and dominant lifestyles are a critical and integral part of the solutions package to addressing climate change. The report fills a gap in the existing research by establishing global targets for lifestyle carbon footprints, examining current consumption patterns and their impacts on...

Briefing Note
Author:
Melissa May
F. Cardenas

The Minamata Convention on Mercury was adopted at the conference held in Kumamoto City and Minamata City in October 2013. The convention aims to protect human health and the environment from anthropogenic emissions/releases of mercury and mercury compounds and stipulates appropriate management and reduction of the emissions through the entire...

Briefing Note

商品作物の国際的サプライ・チェーンが途上国の森林減少に大きな影響を与えている。森林破壊に由来する商品作物を原料として利用する企業に対する批判が高まり、これに対応して森林減少を伴わない形で生産された作物をサプライ・チェーンの中で取り扱う「ゼロ・デフォレステーション」の取り組みが始まっている。2014年に「森林に関するニューヨーク宣言」が国連気候変動サミットで採択され、「世界の天然林減少率を2020年までに少なくとも半分に抑え、2030年までにゼロにする」こと、そのために「農産物生産による森林破壊を2020年までに排除するという民間セクターの目標達成を支援する」ことが目標として盛り込まれた。日本でも、認証制度を活用したゼロ・デフォレステーションの取り組みも広がりはじめている...