Results 1 - 10 of 23 (Sorted by date)
Book Chapter
In Energy Efficiency in Motor Systems

Compressed air systems account for 5–35% of electricity use among the Indian manufacturing sector. It shares a significant portion of the production cost, but its energy-efficiency measures are not widely applied in India yet. From 2011 to 2018, the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) and The Energy and Resources Institute (TERI)...

Book Chapter
In Plastic Waste and Recycling Environmental Impact, Societal Issues, Prevention, and Solutions

Eight of the world's top 20 countries as sources of marine debris are from Asia—China, Indonesia, the Philippines, Vietnam, Sri Lanka, Thailand, Malaysia, and India (Jambeck et al., 2015). In other words, the Asia-Pacific region is now recognized as a hotspot of plastic pollution of the oceans. These countries are facing typical challenges...

Commentary (Op. Ed)

10月26日に行われた、菅内閣総理大臣の所信表明演説で「2050年脱炭素社会の実現」を目指すとした方針についての、IGESコメントです。

脱炭素化の方向性と時間軸を明確に示すことは、企業や投資家の長期的視点に立った経営・投資判断を支えることにつながります。また、2050年脱炭素化は、パリ協定が目指す1.5℃目標にも整合する非常に野心的な目標で、総理大臣自らが2050年脱炭素化社会の実現を宣言したことをIGESは大いに歓迎します。

一方で、新型コロナウイルスによって減速した日本経済の立て直しに向けた経済復興策は、欧州における「欧州グリーンディール」のような、経済刺激策を気候変動やその他の環境課題への対策と結び付ける対策が乏しく...

Book Chapter
In Routledge Handbook of Food Waste
Author:
Marlyne
Sahakian
Megha Shenoy
Ashoka
Tammara
Sama
Abigail Marie
Favis
Czarina
Salama

This chapter considers food waste from the perspective of cities in Asia, presenting case studies from Cambodia, India, Indonesia, Japan, and the Philippines. Interdisciplinary perspectives are brought together, drawing from sociology, industrial ecology, urban planning and public affairs, towards highlighting current efforts to manage waste in...

Book Chapter
In Sustainable Waste Management Challenges in Developing Countries
Author:

Myanmar, the largest country in mainland Southeast Asia, has been facing considerable challenges with the management of solid waste in the recent past because of increasing income and consumption patterns, urban growth, and lack of effective waste management policies, treatment, and disposal methods. Waste management is also a crosscutting issue...

Book Chapter
In SDGsと環境教育:地球資源制約の視座と持続可能な開発目標のための学び

持続可能な生産と消費(SCP)は、「消費と生産システムが環境に及ぼすネガティブな影響を最小化しつつ、すべての人にとっての生活の質の向上を目指す包括的なアプローチ」と定義され、非常に包括的で広範な政策概念である。SCPに関連して、2015年に「持続可能な開発目標(SDGs)」とパリ合意と言う2つの国際合意がなされたことは注目すべきである。いずれの場合も、無限の資源、環境容量を前提としない社会経済へと舵取りすることについて国際合意したことにその画期性がある。この2つの政策的文脈の中で、生産と消費のあり方を変えることで社会経済の仕組みをより持続可能にすること(SCP)が注目されている。SCPを実現するための政策を検討する上では、製品とサービスのライフサイクル、ライフスタイルの変化...

Commentary (Op. Ed)
日本LCA学会誌

人間の福利を満たすレベルに充分な程度の経済発展や消費のあり方を希求する考え方。
持続可能性(Sustainability)に関連して充足性が議論される場合には、2つの大きな潮流がある。第1は、経済活動を際限なく拡大することへの反省を込めて、充足性が議論される場合である。ブータンの「Gross National Happiness」指標や、タイの「Sufficiency Economy(セータキット・ポーピアン)」の背景となっている。第2は、経済開発と資源利用ないしは環境負荷との「切り離し」に関する場合である。「切り離し」を実現する方法としては、これまで技術改良による効率性の改善が主流であったが、効率性の改善が消費や環境負荷の抑制につながらずに資源の総消費や環境負荷総量を高めてしまう...

Commentary (Op. Ed)
Author:
Michael
Lettenmeier
Viivi
Toivio

This commentary summarises the key findings and implications of the study on Lifestyle Carbon Footprints: Long-term targets and case studies of the carbon footprints of household consumption. This study introduces and develops an approach to establishing lifestyle carbon footprints: greenhouse gases directly emitted during and indirectly induced by...

Book Chapter

Green Economy and Green Growth in international trends of sustainability indicators

In Chapter 1 in The Economics of Green Growth- New Indicators for Sustainable Societies
Book Chapter

Efficiency and fairness of resource use: from a planetary boundary perspective

In Chapter 2 in The Economics of Green Growth- New Indicators for Sustainable Societies