Results 1 - 10 of 11 (Sorted by date)
Presentation
Forum on Urbban Resilience to Climate Change and Disaster Risk Reduction Management Strategies
Author:

Reduction Short-Lived Climate Pollutants (SLCPs) in addition to conventional GHG is an emerging mitigation approach in waste sector. City of Battambang (Cambodia), with the support of IGES, has implemented Participatory Waste Management Initiative which comprised of a series of activities intended for improving city's waste management system...

Conference Paper
International Conference of Asia-Pacific Planning Societies 2017

In this paper, the authors aim to examine the role of public spaces and places in revitalization of local communities for creating livable cities in Japan. The Place-making and Social Actions based on a collection of quick, simple, temporary and sustainable changes in the spaces, intended to improve the local communities and cities consider as an...

Submission to Policy Process

Initiatives on Food Waste Prevention in Japan

9th meeting of Working Party on Resource Productivity and Waste (WPRPW), OECD
Author:

During the 9th WPRPW meeting of OECD, food waste prevention and good practices in assessing the related policies were discussed in a roundtable session.
From Japan, Hotta from IGES shared information on Japan's initiative on food waste prevention in Japan and submitted a short report to WPRPW process.

Keywords:
Commissioned Report

平成28年度環境研究総合推進費「アジアにおける資源環境制約下のニーズ充足を目指す充足性アプローチへの政策転換(課題番号:S-16-3)」による研究の初年度報告書である。研究は、IGES、九州大学、南山大学の3研究機関の共同研究として実施した。

Conference Paper
The 4th 3R International Scientific Conference on Material Cycles and Waste Management (3RINCs)

State of the 3Rs in Asia and the Pacific Project was formulated as a joint initiative of Ministry of the Environment of Japan (MOEJ), United Nations Centre for Regional Development as a secretariat of Regional 3R Forum in Asia and the Pacific, and Institute for Global Environmental Strategies (IGES) to respond the needs to assess the progress of 3R...

Commissioned Report

アジア太平洋3R白書は、廃棄物分野のデータ、情報、指標を整備すること
で、同地域が国レベルでも、自治体レベルでも循環産業の発展を含め3Rの実
施と環境の配慮した廃棄物管理を実施できるよう支援するものであり、技術協
力や技術移転の具体的な内容を明確にできると期待されている。
本業務は、2017年度に開催予定の第8回アジア太平洋3R推進フォーラムに
おいて、その成果を出版・公表することが予定されているところであるため、
UNCRDと連携して、アジア太平洋3R白書の作成に関し、本プロジェクトのリ
ード国として我が国の経験・知見を積極的に発信するとともに、その取り纏め
に貢献する。

Presentation
平成28年度国際環境協力基本研修

This presentation shares the experience and lessons learned in developing an environmental education programme in Mandalay City aiming to achieve a sustainable Mandalay City through city-to-city partnership between Kitakyushu City

Policy Report

この報告書は、川崎市が、環境省、国連環境計画国際環境技術センター(UNEP IETC)および地球環境戦略研究機関(IGES)との緊密な協力により、開発途上国に対して、日本の中
央政府および地方自治体における経験から廃棄物処理について学んでもらうことを目的として作成した。

Non Peer-reviewed Article
In SRIDジャーナル / Journal of the Societies of Researchers for International Development (SRID)
Author:

SDGs やパリ協定の実施へ向けて開発協力のあり方は大きな転換点にある。SDGs における目標間のトレードオフおよび両合意による大幅な低炭素化・資源効率性の向上という要請を踏まえ、途上国・新興国・先進国それぞれにおいてライフスタイルやビジネスモデルを含めた経済社会と生産・消費パターンの変革が求められている。本論説では、SDGs とパリ協定の達成へ向けた開発協力の今後の展望として、(1)指標の設計、(2)調整・統合された戦略・計画、(2)持続可能な都市やコミュニティのモデルプロジェクト実施、(4)戦略的持続可能性アセスメントの導入に関する4点を提言した。

The mode of the conventional development cooperation is at the...