Results 1 - 10 of 238 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

世界の違法伐採対策は、この10年間で、木材消費国において違法伐採木材の取引や輸入規制が法制度化されるという大きな進展があった。違法伐採対策に取り組む理由として、熱帯林の減少防止と持続可能な森林管理の促進、違法伐採が生産国政府や消費国の木材市場に与える経済的な損失などが挙げられてきたが、現在は、非持続可能な消費と生産による気候危機や生態系の劣化などの地球規模の環境問題への対応策から派生した、持続可能な木材への需要の増大が違法伐採対策の推進力となっていると考えられる。

Book
Sustainability
Editor:
Tomohiro
Tasaki
Shunsuke
Managi

Under the era of Paris Agreement and SDGs, agenda for sustainability has shifted from regulation to designing fundamental changes in socio-technical system towards decarbonized and circular society. This shift would largely depend on taking advantage of emerging forces in socio-technical system. This includes new business models, drivers of wealth...

Commissioned Report

平成2811月にパリ協定が発効され、令和2年(2020 年)を迎えた今年、いよいよパリ協定の実施段階に入った。パリ協定でも、中央政府に加えて自治体・都市を含む非政府主体による気候変動を加速させることが掲げられているが、具体的な地域の気候変動対策やプロジェクトを検討・実施するうえで、都市や自治体はキープレーヤーである。世界全体での脱炭素社会の実現に向けては、特に経済成長が著しいアジアにおいて、持続可能な脱炭素社会、またそれの通過点としての低炭素社会の構築への動きを加速させることが必要であり、社会経済の発展を支える活動の場である都市の脱炭素化・低炭素化に向けて、国際的にも都市の取組を支援する動きが強化されてきている。また、postコロナを見据え、環境政策とのトレードオフの最小化...

Working Paper
Author:
Anurudda
Karunarathna
Thilini
Rajapaksha
Yasas
Gamagedara

This report presents the challenges faced and opportunities revealed through a study of two cases of source-segregated waste collection by local authorities in Sri Lanka; Moratuwa Municipal Council, in Colombo, and Kataragama Pradeshiya Sabha, in Monaragala for the purpose of raising planning and decision making capacities not only in Sri Lanka but...

Submission to Policy Process

Municipal Solid Waste (MSW) management, particularly final disposal as open dumps has become a global issue. Worldwide, dumpsites are the third largest anthropogenic source of methane, accounting for 11 percent of estimated global methane emissions or 881 million tonnes of CO2 equivalent. The 50 largest dumpsites affect the daily lives of 64...

Presentation
オンラインセミナー「2050年脱炭素社会の実現に向けて私たちができること~コロナ禍からのグリーンリカバリー~」

2050年にどのような「日本社会」を構築するのかという私たちの社会のあり方を根本的に考える

 

アジェンダなど:https://www.iges.or.jp/en/node/11095

動画:https://www.youtube.com/watch?v=oD_hVwFksBY 

 

Working Paper
Effective Plastic Waste Management in Sri Lanka
Author:
Anurudda
Karunarathna
Thilini
Rajapaksha

This case study report examines the establishment and evolution of plastic waste recycling under two different operational modalities in urban areas of Sri Lanka; 1) single municipal operation, and 2) PPP (Public Private Partnership) based operation. This report provides an analysis of each modality in terms of effectiveness, technical feasibility...

Keywords:
Presentation
神奈川県議会立憲民主党県議団訪問

神奈川県議会の立件民主党県議団がIGESに訪問された際に、IGESの資源循環分野での研究・国際協力活動について、説明を行った。2005年~2020年までの研究活動の概要、プラスチックと循環経済分野での活動の広がり、神奈川県内の自治体や横浜市との連携活動について説明をおこなった。