Results 1 - 10 of 13 (Sorted by date)
Policy Report

グリーンボンドの市場規模は国内外で年々拡大し、日本国内の発行額は2020年には約1兆170億円にまで成長した。一方、グリーンボンドのレポーティングについては、国際的にも、一貫性の欠如や不適切性が指摘されており、投資家が発行体によって開示されているインパクトを自身のポートフォリオに落とし込むことが困難であることが課題とされている。本稿では、グリーンボンドによって期待される又は実現した環境改善効果(インパクト)について、発行体が投資家の信頼を得るために重要な役割を担っている、レポーティングにおけるインパクトの記載(インパクトレポ―ティング)について議論し、以下を提言として提示した。

  1.  レポーティングの開示: ICMAのGBPにおいては公募債と私募債を区別していないことから...
Policy Report

世界の多くの国では、急速な人口増加と都市化に伴い交通渋滞、廃棄物の増加、大気・水質汚染など様々な環境問題が顕在化している。また、気候変動により、世界各地で局地的な豪雨や洪水、渇水・土砂災害などが頻発化しており、社会経済基盤である都市の活動にも多大な影響が出てきている。その一方で、都市は世界のCO2排出量の70%以上を占めると推定されていることから、これからの都市開発において、気候変動対策の観点も含めたなまちづくりを推進することが不可欠になっている。

 2020年を迎えた今年、気候変動対策の法的枠組みとして2016年に発効したパリ協定が始まった。実施に力点が置かれる中、都市や民間企業のようなノンステートアクターのアクションに対する期待はこれまで以上に高まっており...

Policy Report

A diverse mix of environmental problems, such as traffic congestion, increasing amounts of waste, and air and water pollution, have surfaced around the world in line with rapidly growing populations and urban development. Climate change has also resulted in more frequent incidences of localised torrential rains, floods, droughts and landslides in...

Policy Report

2014年の国連気候サミットにおいて、日本は開発途上国の適応能力を包括的に支援することを目的とした適応イニシアチブを発表した。適応イニシアチブには、科学的知識に基づいた適応計画策定、および開発途上国が気候変動影響評価を更新するための能力開発に関する支援が含まれる。同イニシアチブの一環として、環境省は地球環境戦略研究機関(IGES)と共同で、アジア太平洋地域の国々を対象に、国別適応計画(NAP)策定および関連する政策の推進における各国の政府関係者およびその他のステークホルダーの能力構築に貢献するために、一連のワークショップシリーズ「アジア太平洋地域における気候変動影響評価および適応計画策定に関する能力向上」を開催してきた。本ワークショップシリーズは、2015年から開始され...

Policy Report

Japan’s Climate change Adaptation Initiative was announced by Prime Minister Shinzo Abe at the UN Climate Summit 2014 with the aim to support the adaptive capacity of developing countries in a holistic manner. The Adaptation Initiative includes support for designing adaptation planning based on scientific knowledge and for capacity development of...

Policy Report
IGES Policy Report

将来のCO2排出量は、経済規模、産業構造といった「社会的前提要素」 と、気候変動政策の対象となるエネルギー効率、エネルギーの供給構成などの「対策対象要素」によって左右される(図a参照)。本稿は、日本の国別緩和目標(NDC 1)に記載される2030年GHG削減目標(以下、NDC目標)におけるエネルギー起源CO2排出量(以下、CO2排出量)に着目し、社会的前提要素(実質GDP)及び対策対象要素(実質GDP当たりの最終エネルギー消費量、最終エネルギー消費当たりのCO2排出量)がどのような水準であるのか考察 することを目的に、各要素について、既往の統計や研究等による推定結果と比較した。さらに、個々の要素の変化に対しCO2排出量がどのように変化するか、定量分析(感度分析)及びLMDI法...

Policy Report
Research report
Author:
Md. Sekender Ali
KBD. Md. Fazlul Karim
Dr. Abul Kalam Azad

The training modules developed from training needs assessment carried out during 2010-2011 were further pilot tested and modified. The pilot testing of training modules was carried out for two levels of agriculture extension officers i.e. district and upazila agriculture officers and Sub-Assistant Agriculture Officers operating at the village...

Policy Report
Measurement, Reporting and Verification (MRV) for low carbon development: Learning from experience in Asia (Kazuhisa Koakutsu, Kenta Usui, Aya Watarai, Yusuke Takagi (edt.))

Key Messages
• The wastewater sector—particularly wastewater-biogas-energy (WBE) system—presents an opportunity to reduce GHG emissions and tap into renewable energy. In Thailand, several WBE projects have been introduced through the Clean Development Mechanism (CDM) as well as by “unilateral” investments from the private sector in order to treat...

Policy Report
Research Report
Author:
A. Arpah, UUM
C. Claudio, EIA
H.V.Hung, HAU

There is a growing consensus among development community that the risk insurance can provide an effective risk management tool for climatic and non-climatic disasters. Several risk insurance initiatives have been implemented at grassroots level for reducing the vulnerability of communities to disasters in most of the countries in Asia and the...

Policy Report
APAN-IGES Research Report
Author:
Prof. Dr. Kang Kroesna, RUA

Pilot training programs were conducted in Cambodia for province and sub-province level government officers of the agriculture department to test the effectiveness of draft training modules on climate change adaptation. The pilot tested training modules include ‘Agriculture extension staffs at provincial level’ and ‘District and commune officers’...