Results 1 - 3 of 3 (Sorted by date)
Commentary (Op. Ed)
パリ協定を実現するためのファイナンスという視点で日本の昨今の取組みの成果と課題を見ていく。TCFDへの官民を横断した取組み、グリーンボンド市場の成長、年金積立管金管理運用独立行政法人(GPIF)によるESG投資の取組みなど、サステナブルファイナンスへの取組みは広がりを見せている。こうした取組みにおける課題への対応、サステナブルファイナンス手法の広がりへの期待に加えて、サステナブルファイナンスの本来の目的を再確認することの重要性、温室効果ガス削減に関する野心的な目標設定の必要性を指摘する。
Commentary (Op. Ed)
At the May 2017 session of UN Climate Change Conference (SB 46) and the Innovate4Climate, Parties and non-Party stakeholders explored Article 6 implementation, innovation, and the role of non-Party stakeholders. The inclusion of Article 6 to cater to market-based mechanisms in the celebrated Paris Agreement (PA) was a surprising turnout even for...