Results 1 - 10 of 116 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 新型コロナパンデミックは中国の⼤気環境を改善したか︖
今年第⼀四半期に中国で⼤流⾏した新型コロナウイルス感染症の影響により、中国の⼤気汚染が具体的にどの程度改善されたのかについて、中国政府が公式に発表している⼤気環境モニタリングデータを⽤い、地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明がマクロ的に考察した結果を紹介。
Non Peer-reviewed Article
In 中国における新型コロナウイルス感染症の流行と大気環境の改善に関するマクロ的な考察(速報)
中国において新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し、都市封鎖や外出等の制限が行われた2020年2月及び3月の大気汚染の状況について、流行前の状況及び前年同期の状況と比較した。単純な比較では25~38%程度改善されていたが、流行前後の季節変化による影響や毎年の大気汚染対策の進展による改善効果等を考慮して改善の程度を推定すると、新型コロナウイルス感染症の流行による社会経済活動の縮小により大気環境が20%程度改善されたのではないかと推計された。
Non Peer-reviewed Article
In 内側から見た中国最新環境事情 第59回/April 2020 Global Net Series
地球・人間環境フォーラムの月刊環境情報誌、「グローバルネット」に地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明が、中国の最新環境事情を現地滞在レポートとして偶数月で連載しています。
Commissioned Report

平成31年度環境省委託業務 中国をはじめとしたアジア地域でのコベネフィット型大気汚染対策促進委託業務 業務報告書(日中都市間連携推進編)

(1)日中都市間連携推進 日中都市間連携協力を円滑に推進するために、公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)が日本側のプラットフォーム機関として、以下の7つの業務を実施した。 ① 中国側及び日本側の関係者との協議調整及び協力の推進 中国生態環境部及び日中友好環境保全センター等と密に連携を取りながら、中国側対象都市の候補とされた10省・市(天津市、上海市、瀋陽市、大連市、江蘇省、広東省、西安市、アモイ市、重慶市、柳州市)及びその他の都市等において、モデル事業の実施を推進すべく、中国側及び日本側関係者との協議調整及び協力を推進した。 ② 日中合同会合の開催 日中合同会合として、「大気環境改善のための研究とモデル事業の協力実施」に係るキックオフ会合を2019年9月3日‐4日に...
Commissioned Report
中国の中央政府、大気汚染対策重点地域及び本事業で協力対象とする中国地方政府等の大気汚染政策・対策・措置等に関する重要情報を収集整理し、併せて関連施策の分析等を行うことにより政策動向の実態を把握し、もって日本の地方自治体等の連携方策やモデル事業等の進め方に関する検討に資することを目的に実施した(以下、この事業を「政策モニタリング」という)。2019年3月以降の動きについて、毎月1回定期的に前月の関連情報を取りまとめ、翌翌月中に月報として都市間連携事業の関係者限りのウェブサイトに掲載し関係自治体等へ提供した。
Commissioned Report
This report is about the project with a purpose to promote cooperation on Co-benefits-type air pollution measures mainly in Asia. IGES provided advice to MOEJ on the activities of international organisations; supporting international SLCPs mitigation activities such as the Climate and Clean Air Coalition to Reduce Short Lived Climate Pollutants...
Commissioned Report

平成31年度環境省請負業務 コベネフィット・​アプローチ推進に係る国際パートナーシップ​等事務局業務

This report is for FY2019 contract work with the Ministry of Environment, Japan as the Secretariat of the Asian Co-benefits Partnership (ACP) for the international partnership for promotion of co-benefits approach.
Policy Report
Author:
Kaye
Patdu
Elsa
Lefevre
Arnico
Panday
Bjarne
Pederson
Dang
Espita
Adelaida
Roman
Hooman
Farzaneh
Ittipol
Pawarmart
Supat
Wangwongwatana
Virender
Duggal
Zacharias
Malik
Chris
O'Malley
Johan
Kuylenstiern
Kevin
Hicks
Markus
Amann
Zbigniew
Klimont
Janusz
Cofala
The ACP White Paper 2020 offers policymakers pragmatic recommendations on how they can mobilise finance, strengthen policies, and build capacities to implement at scale many of the 25 solutions in UNEP’s Air Pollution in Asia and the Pacific: Science-based Solutions.