Results 1 - 10 of 31 (Sorted by date)
Policy Brief
Editor:
Tomohiro
Tasaki

経済協力開発機構(OECD)が、2016年に9月に拡大生産者責任政策を導入するうえでの留意事項やガイダンスをまとめた『Extended Producer Responsibility—Updated Guidance for Efficient Waste Management』を発表しました。これは、2001年に発表された『 Extended Producer Responsibility: A Guidance Manual for Governments』を15年ぶりにアップデートするものです。

今回、地球環境戦略研究機関では、国立環境研究所と連携して、OECDの許可を得て、このアップデートガイダンスの日本語要約版を作成しました。
この日本語要約版は...

Peer-reviewed Article
In MATTER: International Journal of Science and Technology

Due to ever increasing demand, the electronics industry has been growing at a rapid pace, and therefore handling and management of Waste Electrical and Electronic Equipment (WEEE) has become one of the key problems in the modern world. Improper handling and management of WEEE in developing countries can cause a huge environmental damage and threats...

Non Peer-reviewed Article
In 産業と教育

2015年9月、ニューヨークにある国連本部で「国連持続可能な開発サミット」が開催され、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択された。あわせて、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」が合意された。SDGsは、アジェンダを実現していくための実施計画の目標と位置付けられている。世界レベルにおいて、持続可能な社会づくりの最大の課題は人口の急増といえる。2011年に70億人を突破した世界の人口は、2050年には96億人にも達するともいわれている。人口が増加すると当然食糧や資源の需要量が増大する。また、一人ひとりの生活レベルの向上に伴い、一人当たりの資源・エネルギー消費量も増大していくだろう。一方、日本では農林水産業が衰退の一途をたどり...

Policy Report
_Global Environment Outlook_ Regional assessment for Asia and the Pacific
Contributor:

Hotta contributed as a lead author for Section 2.6: Waste of the Report.

Submission to Policy Process
7th Regional 3R Forum in Asia and the Pacific

The summary of discussion of the country break-out session 2 (Japan, Malaysia, Myanmar, Mongolia, Palau, Solomon Island, Viet Nam) at 7th Regional 3R Forum in Asia and the Pacific was made by session facilitator, Yasuhiko Hotta, Area Leader of SCP Area, IGES.

Commissioned Report
Author:
Paul
Pavelic
et al.

Owing to a high prevalence of rural poverty in Lao PDR, improving the livelihoods of smallholder farmers by increasing their productivity is a high priority for the Government. Smallholder farming relies primarily on rainfall, which is prone to shortfalls and occasional droughts during the crop planting season. Reliable irrigation supplies would...

Policy Report
Editor:
OECD

This report updates the 2001 Guidance Manual for Governments on Extended Producer Responsibility (EPR), which provided a broad overview of the key issues, general considerations, and the potential benefits and costs associated with producer responsibility for managing the waste generated by their products put on the market. Since then, EPR policies...

Peer-reviewed Article
In palawija

Various forms of sustainable agriculture have been promoted in the Asia and Pacific region, with organic agriculture constituting the single most important form. There is a commonality in the way sustainable agriculture has been defined, but often these definitions miss nuances such as its relation to climate change. Several sustainable agriculture...

Presentation
笹川平和財団汎アジア基金 オピニオンリーダー招聘プログラム 国際セミナー 持続可能な社会づくりのためのパートナシップ構築に向けて タイの廃棄物処理から見る社会連携の課題と可能性

2016年6月22日、笹川平和財団汎アジア基金 オピニオンリーダー招聘プログラム国際セミナー「持続可能な社会づくりのためのパートナシップ構築に向けて-タイの廃棄物処理から見る社会連携の課題と可能性」が開催され、パネル討論「持続的循環型社会に向けて - 日タイ市民社会連携に向けた展望」にて、堀田康彦 SCPエリアリーダーが、リサイクルを政策的に推進するという観点からの話題提供を行った。