Results 1 - 10 of 469 (Sorted by date)
Commissioned Report
平成29 年5 月に「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(通称「クリーンウッド法」)が施行された。また、平成29 年11 月から、同法に基づく木材関連事業者の登録が開始された。 このような背景の中、木材関連事業者による木材等の合法性確認等の取組を一層推進するため、本事業が実施された。本事業の目的は、木材関連事業者が効率的に木材等の合法性確認等の取組を実施できるよう、生産国における木材の流通や関連法令に関する情報を収集することである。 調査対象国は、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ロシア、ベトナム、中国の計5カ国であり、それぞれの国において木材流通状況、関連法令・許認可制度、その他参考情報等が収集された。
Commissioned Report
我が国の違法伐採木材への対策のために平成29 年5月に施行された「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(通称「クリーンウッド法」)に基づき、木材関連事業者が合法性の確認を行うにあたり、追加的措置として追加的な情報収集が必要となる場合がある。木材関連事業者が効率的に追加的な情報収集の取組が実施できるように、違法伐採対策に関する法制度がある国でのリスク低減に係る先進事例の情報収集を行った。 ドイツ、オランダ、イギリス、フィンランド、スウェーデンの5 ヵ国を調査対象国とし、EU 木材規則の下で各国の違法伐採対策に関する法制度とその実施状況、民間事業者等の対応状況について調査を行った。
Peer-reviewed Article
In Global Ecology and Conservation
Owing to the huge number of species observations that can be collected by non-professional scientists, “citizen science” has great potential to contribute to scientific knowledge on invasive alien species (IAS). Citizen science has existed for centuries, but the recent adoption of information and communications technology (ICT) in this field (e.g...
Peer-reviewed Article
In 林業経済研究
世界的に木材原料の天然林資源から人工林資源への移行が進行している。そのプロセスを理解するため、天然林コンセッションの資源が減少し.人工林コンセッション、土地転換材、住民林業からの木材生産が増大するインドネシアにおいて、国内の木材と木材製品の主要な生産地、また両者の関係がどのように変化したのかを分析した。インドネシアでは、1990年代までは主にカリマンタン.スマトラの天然林コンセッションで木材生産が行われ、域内で合板や製材品が生産されていた。2000年代以降、スマトラにおけるパルプ・チップ生産がインドネシアで最も木材を消費する木材製品製造業となり、原料は主にスマトラの人工林コンセッションからの木材が使われているが、他の地域の人工林コンセッションからの木材や...
Presentation
第二回IGESイブニングフォーラム
・グローバルフードシステムは主要な人為的GHG排出源の一つ ・グローバルフードシステムからのGHG排出の内、森林の農地への転換からの排出が大きい ・地球温暖化は農林業へのインパクトを通じて食糧安全保障リスクを増大させる ・地球温暖化を1.5℃以内に抑えるためには、大規模な植林、BECCSが必要とされるが、これも食糧安全保障リスクを増大させる ・農地への転換からの排出削減(=ゼロ・ディフォレステーション)のため、民間主導の取組が進められている。政府の役割はどのようなものが考えられるか?
Policy Report
Author:
Hul
Seingheng
Chihiro
Yoshimura
Sovannara
Uk
Rajendra
Khanal
Sokly
Siev
Aiko
Yamashita
Hideto
Fujii
Tomohiro
Tanaka
Hidekazu
Yoshioka
Takashi
Nakamura
Yoichi
Fujihara
Keisuke
Hoshikawa
Sarann
Ly
Sambo
Lun
Sokchhay
Heng
Sok
Ty
Mong
Marith
Oeurng
Chantha
Song
Layheang
Fidero
Kuok
Boreborey
Ty
Chanvorleak
Phat
Eden G.
Mariquit
Winarto
Kurniawan
Hirofumi
Hinode
Porsry
Ung
Reasmey
Tan
Vannak
Ann
Chanthol
Peng
Manabu
Fujii
Kazuhiko
Miyanaga
Yasunori
Tanji
Tonle Sap Lake (TSL), the largest lake in South East Asia, is under increasing pressure from pollution, land-use change, climate change, and development activities in the lake, its basin and the Mekong Basin. Recent changes in the lake hydrological system and its floodplains are becoming a great concern for hundreds of communities relying on the...
Peer-reviewed Article
In ISPRS Journal of Photogrammetry and Remote Sensing
Author:
Lin
Gao
Xiaofei
Wang
Qingiu
Tian
Yu
Wang
Jochem
Verrelst
Xihan
Mu
Xingfa
Gu
Green fractional vegetation cover (fc) is an important phenotypic factor in the fields of agriculture, forestry, and ecology. Spatially explicit monitoring of fc via relative vegetation abundance (RA) algorithms, especially those based on scaled maximum/minimum vegetation index (VI) values, has been widely investigated in remote sensing research...
Commissioned Report
我が国の違法伐採木材への対策のために平成29年5月に施行された「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(通称「クリーンウッド法」)を着実に推進する必要がある。このため、本法に基づく木材の合法性の確認等の取組状況を、国内木材関連事業者へのアンケート調査、ヒアリング調査によって調査した。
Presentation
Seminar “PSP NETWORK FOR SUSTAINABLE FOREST MANAGEMENT IN SARAWAK”
Japan is still the largest market for timber from Sarawak. Thus, it is important to understand the latest trends of the policy and initiative for timber legality and sustainability. Japan issued the Act on Promotion of Use and Distribution of Legally-harvested Wood and Wood Products (Clean Wood Act) in 2016. The objective of this new act is to...