Results 1 - 10 of 102 (Sorted by date)
Commissioned Report

平成29 年(2017 年)に施行された「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律(通称「クリーンウッド法」)」において定められた、木材関連事業者が取り組むべき措置である合法性の確認、譲り渡しの措置、記録の保存等の取組について、現地調査等による実施状況を確認し、課題等の整理、分析を含め取りまとめた。

Conference Proceeding
Annual Meeting of the Architectural Institute of Japan
Author:
Marco
Reggiani

By reflecting on the case of Imabetsu, this paper explores alternative mechanisms to cope with shrinkage while striving for transitioning to more sustainable development pathways. It argues that rather than fighting against decline, the town should embrace its smaller size while looking within to find alternative ways to sustain the local community...

Issue Brief

「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律(通称「クリーンウッド法」」は、2016年5月20日に公布され、2017年5月20日に施行された。またその実施のため、施行規則、判断基準省令、様々な文章が主務省(農林水産省、経済産業省及び国土交通省)によって定められている。しかし様々な規定がこれらの文章の中で相互に引用されつつ書かれているため、全体を通じて理解することが難しい。このため、様々なクリーンウッド法関連文章をまとめて事項ごとに再整理し、理解の促進を試みた。

Policy Report

本書は北九州市の海外水ビジネスの展開状況をまとめたものである。1章で海外水ビジネス市場の動向と北九州市の国際協力の歩みについて触れ、第2章で100年以上の歴史を有する北九州市の上下水道がどのように整備されてきたかを振り返り、第3章では北九州市のカンボジアとベトナムでの海外展開の事例を詳述し、第4章では海外展開を進める市内企業4社に焦点を当ててその展開のアプローチを紹介し、最後の第5章において北九州市から海外に拡がる水ビジネスの今後について考察する構成となっている。

なお、本書は、北九州市産業技術保存継承センター(北九州イノベーションギャラリー)の調査研究事業の一環で作成されたものである。

Non Peer-reviewed Article
In MASHING UP

オンラインメディアで、女性から始めるダイバーシティをキーワードに、働き方やダイバーシティ、ジェンダー平等などを扱う記事などを載せているMASHING UPからの依頼に基づき、IGESでは、SDGs & Meという連載を展開しています。

本記事は、その一環として都市をテーマに、「一人ひとりが変わるとまちが良くなる。みんなでやるともっと良くなる」という切り口から個人がどう都市の持続可能性に貢献できるのか、取り上げました。

Commissioned Report

我が国の違法伐採木材への対策のために平成29年5月に施行された「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(通称「クリーンウッド法」)を着実に推進する必要がある。このため、本法に基づく木材の合法性の確認等の取組状況を、国内木材関連事業者へのアンケート調査、ヒアリング調査によって調査した。

Conference Paper
European Association for Japanese Studies (EAJS) Conference in Japan
Author:
Marco
Reggiani

Low birth rates, restrictive immigration policies, and decades of economic stagnation are marking Japan’s transition to a post-growth society. All levels of government have hurried to address the new challenges ahead. In this desperate run for survival, the development of new high-speed railway lines in peripheral areas has been met with high...

Keywords:
Conference Proceeding
Annual Meeting of the Architectural Institute of Japan
Author:
Marco
Reggiani

This paper explores how high-speed railway (HSR) development can aid the survival of peripheral depopulating regions by increasing their connectivity. It focuses on the recently opened ‘Okutsugaru-Imabetsu Station’ of the Hokkaido Shinkansen in Imabetsu town, the smallest locality in Japan to enjoy a Shinkansen station. Based on this case study...