Results 1 - 10 of 566 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In グリーン・パワー

2019年から2020年にかけて、英国をはじめとして、ドイツ、フランス、EU、中国、日本、韓国などの世界の主要国において、2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量を正味ゼロにする目標(以下、ネット・ゼロ)が相次いで打ち出された。さらに、米国の次期大統領であるバイデン氏は選挙期間中に発表した公約の中で、2050年までにGHG排出ネット・ゼロを実現すると表明している。今や、ネット・ゼロを達成した世界をいかに展望し、そこにどのような道筋で到達するかに真摯に取り組む時代に突入した。

このような中IGESでは、2020年6月に研究レポート「ネット・ゼロという世界-2050年日本-」を日本国内では先駆けて公表した。本レポートをもとに、日本とアジアのネット・ゼロの世界像について記述した。

Peer-reviewed Article
In One Earth
Author:
Heather Anne
Swanson
Jens-Christian
Svenning
Alark
Saxena
Robert
Muscarella
Janet
Franklin
Matteo
Garbelotto
Andrew
S. Mathews
Annik
E. Schnitzler
Josep
M. Serra-Diaz
Anna
L. Tsing

While calls for interdisciplinary research in environmental contexts are common, it often remains a struggle to integrate humanities/qualitative social sciences insights with those of bio-physical approaches. We propose that cross-disciplinary historical perspectives can open new avenues for collaboration among social and natural scientists while...

Presentation
スクール・オブ・サステイナビリティ第4回暮らしのどんなところで気候変動につながっているの?

FoEの若者向けセミナー「スクール・オブ・サステイナビリティ第4回暮らしのどんなところで気候変動につながっているの?」において、食生活と気候変動、特に食と森林減少を通じた気候変動についてわかりやすく解説した。

Peer-reviewed Article
In Environmental Research Letters
Author:
Ronald C.
Estoque
YAN
GAO
Makoto
Ooba
Takuya
Togawa
Yasuaki
Hijoka
Yuji
Murayama
Lilito D
Gavina,
Rodel
D Lasco

With the intensifying challenges of global sustainability and biodiversity conservation, the monitoring of the world's remaining forests has become more important than ever. Today, Earth observation technologies, particularly remote sensing, are at the forefront of forest cover monitoring worldwide. Given the current conceptual understanding of...

Presentation
Data-oriented Approaches to the Social Sciences and Humanities
Author:

The workshop was organized by Centre for Southeast Asian Studies, Kyoto University in February 2021. The workshop focused on the data oriented approaches for social science and policy making processes. This presentation was invited to the 'Innovations and continuous challenges to the use of hard data in the humanities and social sciences' panel...

Non Peer-reviewed Article
In KOSMOS

This article was originally published in KOSMOS 7 (2020), a publication of the Expo '90 Foundation.
This article discusses the need to redesign society to realise transformative change and to reconsider the relationship between humans and nature, which is considered to be a root cause of the pandemic of COVID-19. The Triple R Framework proposed by...

Book Chapter
In 気候変動から世界をまもる30の方法

この本は、子どもといっしょに気候変動を知る・学ぶ入門書として出版された。

「人類の土地利用が気候変動に与えた影響」では、科学が警告する地球環境の激変の1つとして、「土地利用・食料生産・気候変動の深い関係」、「熱帯林の減少による二酸化炭素排出量は日本の2倍」、「気候変動防止のための将来の土地利用」について、科学的データを元にやさしく解説した。

Peer-reviewed Article
In Renewable and Sustainable Energy Reviews
Author:

“Just Transition” is an important, brand new concept to implement policies towards decarbonisation of the power sector in Japan. However, a knowledge gap still remains between this concept and policy discussion at a practical level. Therefore, using the existing scenarios of decarbonisation of the power sector and employment factors for the power...

Translation of non-IGES Material

2020年のNYDF進捗状況評価では、持続可能な開発を達成するための2つの補完的で重要な目標に焦点を当てている。

目標3 2020年までに農林業以外の経済セクターからの森林減少を大幅に削減する
目標4 貧困を削減し、森林減少を引き起こす原因となっている人々の基本的なニーズ(自給自足農業やエネルギーのための木質燃料への依存など)を持続可能で公平な開発を促進する代替的な方法で満たすことを支援する

人々の持続可能な生計を支えながら、インフラ開発や採掘による森林減少を削減するという目標3と目標4の達成に向けた進捗は遅々として進んでいない。採取、搾取、消費への依存というこれまでの経済開発戦略を、森林と人々に価値を置くという代替経路に劇的に転換しなければ、世界は持続可能な開発、気候危機...

Discussion Paper

Learning from cultural traditions and philosophies could help place countries in Asia on more sustainable development paths. This paper argues why and outlines how countries in Asia should collaborate in pooling and promoting good practices grounded in indigenous knowledge and philosophies to mainstream sustainability at the local, national...