Results 1 - 9 of 9 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

Book Chapter
In Sustainability Challenges in Sub-Saharan Africa I: Continental Perspectives and Insights from Western and Central Africa
Author:
Yaw
Boafo
Godfred
Jasaw
Gerald
Yiran
Rodolfo
Lam
Geetha
Mohan
Gordana
Kranjac-Berisavljevic

Droughts and floods are some of the major climatic hazards in the semi-arid areas of Sub-Saharan Africa (SSA). Climate change affects the periodicity and severity of such hazards, and eventually the well-being of many rural communities in the region, including semi-arid Ghana. Enhancing the resilience of local communities to droughts and floods...

Peer-reviewed Article
In Geocarto International
Author:
Ram
Avtar
Ali
Yunus
Ali
Kharrazi

Operational monitoring of vegetation and its response to climate change involves the use of vegetation indices (VIs) in relation to relevant climatic data. This study analyses the temporal variations of vegetation indices in response to climatic data (temperature and precipitation) to better understand the phenological changes in the Wa-West and...

Peer-reviewed Article
In Remote Sensing
Author:
Stefanos
Georganos
Tais
Grippa
Moritz
Lennert
Eléonore
Wolff

To classify Very-High-Resolution (VHR) imagery, Geographic Object Based Image Analysis (GEOBIA) is the most popular method used to produce high quality Land-Use/Land-Cover maps. A crucial step in GEOBIA is the appropriate parametrization of the segmentation algorithm prior to the classification. However, little effort has been made to automatically...

Commissioned Report

平成25年度生物多様性分野の代償措置に関する評価手法等調査業務 報告書

Author:

Biodiversity offset policy indication in Japan based on the experiences in Japan, the US, Australia and Europe

Policy Brief

アジア太平洋地域の発展途上国で進んでいる森林減少の最大の要因は、違法かつ持続可能でない伐採である。違法伐採によって木材輸入国が安価な木材を大量に輸入できる一方で、輸出国の自然環境、森林の管理・経営(ガバナンス)、そして森林に依存して暮らしている人々の生活が犠牲になっている。木材輸入国においても発展途上国の適正な森林管理を促進する義務があることを認識して、現在多くの政府が合法で持続可能な木材の調達を支援する公共調達政策を導入している。これは、持続可能な開発を進める上で国際貿易を活用する極めて重要な一歩である。

本ポリシー・ブリーフは、日本、英国、オランダ及びフランスで実施されている木材公共調達政策を比較し、各国の手法の共通点と相違点を検証しながら...

Policy Brief

This policy brief includes a comparative analysis between Japan's public timber procurement policy and those of several European countries. In addition to identifying a set of elements that public timber procurement policies must include to favour legal and sustainable timber, it provides recommendations for further strengthening Japan's policy on...

Policy Report

This report presents the results of IGES research on public timber procurement policy to date. It includes a comparative analysis between Japan’s policy and those of several European countries. In addition to providing recommendations for further strengthening Japan’s policy, the report identifies a generic set of elements that public timber...

Policy Report

木材の公共調達政策に関する研究成果をまとめた本書では、日欧における政策の比較分析を行い、日本が合法性や持続可能性を満たした木材の調達を優先させるための提言に加え、効果的な調達政策が兼ね備えるべき要素を包括的に示している。

Remarks:

English version is available at:
http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=983

If you wish to receive a hardcopy of the report, please contact [email protected].