Results 1 - 10 of 40 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

EU木材規則(EU Timber Regulation)は正式名称を、「木材・木材製品を市場に出荷する事業者の義務を定める欧州議会および欧州理事会規則」と言い、2010年に公布され、2013年に全面的に施行された。EU木材規則は、木材関連事業者に対し、違法に伐採された木材を欧州市場に供給することを禁止するだけではなく、取り扱う木材が違法に伐採されたものである可能性(=リスク)を評価し、リスクがあればその低減措置を取るデューデリジェンス(以下DD)を行うこと、そのためのデューデリジェンスシステム(以下DDS)を構築することを義務づけている。しかし欧州の事業者のこの規則に対する対応状況の報告例は少ない。

Briefing Note

 2020年来、政治リーダーらによる気候変動対策への取り組みが国内外で急速に活発化しているが、温室効果ガス削減にむけた「緩和」の取組に重きを置いた議論が目立っている。現状に目を向けると、気候変動に起因する気象災害はすでに国内外で激甚化しており、我々が気候変動による様々な影響に適応しなければならないことは明白である。こうした「適応」への取り組みを加速させるべく、第8代国連事務総長の潘基文氏らを筆頭に、2018年オランダで設立されたのが、適応グローバル委員会(GCA: Global Commission on Adaptation)である。GCAは2021年1月25から26日、設立以来初めてとなる大規模な会合、気候適応サミット(CAS2021: Climate Adaptation Summit...

Research Report
Author:
Adcharaporn
Pagdee
Canesio D
Predo
Cossey K.
Yosi
Stewart
Serawe
Mark
Mameek Winai
Isao
Endo

Although it is widely acknowledged that forests provide critical ecosystem services for human survival and well-being, in the Asia-Pacific region forests are being converted to other land uses and degraded at alarming rates. One underlying factor for this destruction of forests is market failure. Forests are cleared for other land uses or degraded...

Commentary (Op. Ed)
聖教新聞

本記事では、新型コロナウイルス(COVID-19)からの「グリーン・リカバリー(緑の復興)」について、欧州連合の取り組み(欧州グリーンディール)を紹介し、日本での緑の復興の可能性や課題について述べている。

本記事は、聖教新聞に2020年9月30日に掲載された。

Book

Using “the sharing paradigm” as a guiding concept, this book demonstrates that “sharing” has much greater potential to make rural society resilient, sustainable and inclusive through enriching all four sharing dimensions: informal, mediated, communal and commercial sharing. The chapters are divided into two parts, one that focuses on case studies...

Research Report
APN Research Report
Author:
Sangam
Shrestha
Vishnu
Pandey
Oranuj
Lorphensri
Dian
Sisinggih
Bui Tran
Vuong
Muhammad
Basharat

Today, 54% of the world’s population live in urban areas, a proportion that is expected to increase to 66% by 2050. Major cities and municipalities in the region rely either fully or partially on groundwater. Four highly relevant Asian cities (Bangkok, Bandung, Ho Chi Minh and Lahore) were selected which bear groundwater dependency in the range of...

Peer-reviewed Article
In PLoS ONE
Author:
Yuichi Kano
David Dudgeon
So Nam
Katsutoshi Watanabe
Chaiwut Grudpan
Jarungjit Grudpan
Wichan Magtoon
Prachya Musikasinthorn
Phuong Thanh Nguyen
Bounthob Praxaysonbath
Tomoyuki Sato
Koichi Shibukawa
Yukihiro Shimatani
Apinun Suvarnaraksha
Wataru Tanaka
Phanara Thach
Dac Dinh Tran
Tomomi Yamashita
Kenzo Utsugi

Both hydropower dams and global warming pose threats to freshwater fish diversity. While the extent of global warming may be reduced by a shift towards energy generation by large dams in order to reduce fossil-fuel use, such dams profoundly modify riverine habitats. Furthermore, the threats posed by dams and global warming will interact: for...

Peer-reviewed Article
In Applied Geography

This study provides a computationally-simple method to annually update existing national forest maps and model future forest change. It involves integrating national forest maps and global tree cover maps to monitor annual forest change, and then modeling future change by linear extrapolation of the historical trend.

Peer-reviewed Article
In Journal of ISSAAS

Biofuels are often presented as an environmentally friendly alternative to fossil fuels, however, empirical analysis that is widely reported in the literature shows that biofuel production can have negative environmental and social impacts. The potential for these negative impacts can be avoided through careful planning of biofuel feedstock...