Results 1 - 10 of 64 (Sorted by date)
Commissioned Report

事業概要

① 生産国の現地情報収集事業

木材関連事業者が取り扱う木材等の合法性の確認を適切に実施できるよう、生産国(カメルーン、ガボン、モザンビーク)における木材の流通や関連法案に関する情報を収集し、「クリーンウッド・ナビ」に掲載できる形に取りまとめる。

② 追加的措置の先進事例収集事業

木材関連事業者が取り扱う木材等の合法性の確認のうち追加的な情報収集を適切に実施できるよう、違法伐採対策の関連法令が整備されている国(アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア)のリスク低減に係る先進事例を調査し、「クリーンウッド・ナビ」に掲載できる形に取りまとめる。

Presentation
林業経済学会2020年春季大会シンポジウム(オンライン)

世界的に木材原料の天然林資源から人工林資源への移行が進行している。そのプロセスを理解するため、天然林コンセッションの資源が減少し.人工林コンセッション、土地転換材、住民林業からの木材生産が増大するインドネシアにおいて、国内の木材と木材製品の主要な生産地、また両者の関係がどのように変化したのかを分析した。インドネシアでは、1990年代までは主にカリマンタン.スマトラの天然林コンセッションで木材生産が行われ、域内で合板や製材品が生産されていた。2000年代以降、スマトラにおけるパルプ・チップ生産がインドネシアで最も木材を消費する木材製品製造業となり、原料は主にスマトラの人工林コンセッションからの木材が使われているが、他の地域の人工林コンセッションからの木材や...

PR, Newsletter or Other
「森林環境2020」 特集・暮らしの中の熱帯

本稿で紹介するインドネシアの東カリマンタン州は1980年代に一部の県でアブラヤシ農園開発が始まった後、特に2000年代後半から、比較的最近になってアブラヤシ農園が急拡大しており、私の調査地を含めて、今でも天然二次林が伐採されてアブラヤシ農園が造成されている。アブラヤシ農園企業と地域住民の土地の権利を巡る争いも数多く起きており、地元の新聞で報道されることも多い。このようなアブラヤシ農園の拡大はどこまで続くのか、歯止めをかけることができるのか、それを東カリマンタン州の森林の状況、政策、制度、開発、地域住民の経済状況、土地の収用といった複数の点から考える。

本稿は『グリーンパワー』月刊2019年5月号に掲載された論考が『「森林環境2020」 特集・暮らしの中の熱帯』に再掲されたものである。

...
Peer-reviewed Article
In 林業経済研究

世界的に木材原料の天然林資源から人工林資源への移行が進行している。そのプロセスを理解するため、天然林コンセッションの資源が減少し.人工林コンセッション、土地転換材、住民林業からの木材生産が増大するインドネシアにおいて、国内の木材と木材製品の主要な生産地、また両者の関係がどのように変化したのかを分析した。インドネシアでは、1990年代までは主にカリマンタン.スマトラの天然林コンセッションで木材生産が行われ、域内で合板や製材品が生産されていた。2000年代以降、スマトラにおけるパルプ・チップ生産がインドネシアで最も木材を消費する木材製品製造業となり、原料は主にスマトラの人工林コンセッションからの木材が使われているが、他の地域の人工林コンセッションからの木材や...

Peer-reviewed Article
In Remote Sensing
Author:
Shahab
Jozdani
Dongmei
Chen

With the advent of high-spatial resolution (HSR) satellite imagery, urban land use/land cover (LULC) mapping has become one of the most popular applications in remote sensing. Due to the importance of context information (e.g., size/shape/texture) for classifying urban LULC features, Geographic Object-Based Image Analysis (GEOBIA) techniques are...

Peer-reviewed Article
In Forest Ecology and Management
Author:
Agus
Sudibyo Jati
Shogoro
Fujiki
Yuyun
Kurniawan
Ryota
Aoyagi
Kanehiro
Kitayama

Logging has been operated throughout Bornean tropical forests that harbor diverse fauna species. We examined the responses of ground-dwelling wildlife to logging intensity in two certified forest management units under the same climate and vegetation in East Kalimantan, Indonesia, in 2012–2016. A total of ten and 13 circular plots with a diameter...

Presentation
INDONESIA - JAPAN 60th ANNIVERSARY SEMINAR FOR FOREST SECTOR Changing Paradigm of Forestry Policy in Indonesia: “Toward Promotion of Community-based Sustainable Forest Management”
Author:
Syahru
Ramdhoni
Lilik
Budi Prasetyo

- Major source of log production in Indonesia has shifted from logging concession (mainly Meranti) to industrial tree plantations (mainly Acacia) and tree-farming (mainly Sengon) in past two decades. - Natural forest logging concession can produce valuable logs and maintain high levels of biodiversity. Continued efforts are needed to achieve...

Research Report
APN Research Report
Author:
Sangam
Shrestha
Vishnu
Pandey
Oranuj
Lorphensri
Dian
Sisinggih
Bui Tran
Vuong
Muhammad
Basharat

Today, 54% of the world’s population live in urban areas, a proportion that is expected to increase to 66% by 2050. Major cities and municipalities in the region rely either fully or partially on groundwater. Four highly relevant Asian cities (Bangkok, Bandung, Ho Chi Minh and Lahore) were selected which bear groundwater dependency in the range of...

Peer-reviewed Article
In 東南アジア研究

The Perusahaan Inti Rakyat (PIR) scheme, a smallholder support scheme in collaboration with plantation companies, was developed in the late 1970s in Indonesia. The idea of the PIR scheme is to improve the socioeconomic condition of smallholders. One of the ways of doing so is by providing technical and economic support and capacity building to help...