Results 1 - 4 of 4 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

Presentation

オーストラリア② <先進事例:違法伐採禁止法>

「令和元年度「クリーンウッド」利用推進事業のうち海外情報収集事業」成果報告会

「令和元年度「クリーンウッド」利用推進事業のうち海外情報収集事業」成果報告会において、先進事例としてオーストラリアの違法伐採対策について発表した。

Commissioned Report

The commissioned report provides an overview of timber production and legality in Peru. It explains Peruvian policies and systems releted to timber legality in diverse aspects including legal rights, permission and harvesting practises, environmental and social considerations, transport and trade. The report also explains exsiting mechanisms to...

Presentation

生産国情報:ペルー

「生産国情報収集事業」現地調査結果報告会
Author:
Ryuhei
Komatsu

The presentation provides an overview of timber production and legality in Peru, and explains necessary procedures and documents for the legal timber. Also it illustrates timber production processes and existing mechanisms to verify the legality in the country, while discussing potential risks.