Results 1 - 10 of 189 (Sorted by date)
Presentation
Author:
A
Igalavithana
L
Jayarathne
T
Kieu-Le
M
Makehelwala
T
Nguyen-Sang
C
Perera
T
Phuoc-Dan
Pinnawala
M
E
Strady
P
Van-Hieu
S
Weragoda

Microplastics (MPs) and plastic-related chemical pollution are widely discussed in the literature. The presence of MPs in environmental compartments create adverse impacts on ecological systems and potential exposure of human through several pathways. Hence monitoring plays an important role in upstream and downstream mitigatory measures. The...

Presentation

IPBES総会第9回会合において、「企業が生物多様性と自然の寄与に与える影響及び依存度に関する方法論評価」(企業と生物多様性評価)のスコーピング文書が承認されました。スコーピング文書は今後実施される評価の目的、方法、手続きや章構成などを定めるもので、この評価はIPBES総会第10回会合(2023年)から第12回会合(2025年ごろ)にかけて実施予定です。この資料は、スコーピング文書の概要をスライド1枚にまとめたものです。

Presentation
IPBES総会第9回会合結果報告会

2022年7月3日から9日にかけて開催されたIPBES総会第9回会合において、野生種の持続可能な利用に関するテーマ別評価報告書の政策決定者向け要約(SPM)が承認、発表されました。この評価報告書は、野生種の持続可能な利用を幅広い観点から捉えて、野生種の利用の持続可能性を高めるさまざまなアプローチを評価しています。また、野生種の持続可能な利用の保障と促進に向けた課題と機会を特定し、野生種の持続不可能または違法な利用の削減・根絶および野生種の保全強化に資する方法、対策、能力などを示しています。この資料は、SPMの概要をスライド1枚にまとめたものです。

Presentation
IPBES総会第9回会合結果報告会
Author:

202273日から9日にかけて開催されたIPBES総会第9回会合において、自然とその恵みに関する多様な価値観の概念化に関する方法論評価報告書の政策決定者向け要約(SPM)が承認、発表されました。この評価報告書は、さまざまな世界観と価値の関係の理解、価値の類型化、価値の評価手法とその特性、さらには社会変革を実現するための自然の多様な価値を考慮した意思決定や制度、それらを政策立案に反映するための方法論を提供しています。 この資料は、SPMの概要をスライド1枚にまとめたものです。

Presentation
Stockholm+50 Associated Event

This presentation presented a summary of the targets within the post-2020 global biodiversity framework (GBF) that relate to health. There are four such targets, which is a considerable proportion the total number, demonstrating the importance afforded to biodiversity and health.

Presentation
オンラインセミナー:クリーンウッド法は世界の動きをどう取り入れるか? 違法伐採から森林減少防止へ ~施行5年後見直しを機に考える~

ドイツとオーストラリアは、違法に伐採された木材の輸入を規制する法律を施行している。その規制において、事業者はどのようなデューデリジェンスの実施が求められているのか、また政府はその法律をどのように運用しているのかについて紹介した。ドイツは事業者のデューデリジェンスの結果に対して厳格な検査を実施することによって、オーストラリアは事業者のデューデリジェンスの理解を促進することによって、違法に伐採された木材の流通を回避しようとしていた。日本のクリーンウッド法の運用においても、法律の目的である違法伐採木材の流通を防止するために効果的な法運用を行う必要がある。