Results 1 - 10 of 54 (Sorted by date)
Discussion Paper

温暖化に伴う水害の激甚化を受けて、地方自治体において防災・減災対策と適応策を統合し、適応能力と感受性により構成される脆弱性を低減させることが急務である。しかし、適応能力は多様な社会経済的な要素を含むため、政策上どの構成要素が重要であるかに関する包括的な検討は限定的である。そこで、本稿は、アンケート調査を実施し、地方自治体の現在の防災対策実施状況(ハード・ソフト・転換策の合計44対策)と各対策に関する将来の適応策の必要性認識に基づいて適応能力と感受性の構成要素の重要度を評価した。結果として、重要度が高く評価された適応能力要素は、地域コミュニティの「インフラ」(防災用)、「教育」(自主避難判断力、危険認知度)、「情報」(監視警戒力、情報伝達力)、「コミュニティガバナンス」(避難誘導力)、並びに...

PR, Newsletter or Other

This educational video aims to raise awareness and provide school children and local people living on and around Tonle Sap Lake with a better understanding on how to protect their health through simple actions such as proper handwashing with soap, and describes how to treat water for daily use (e.g. cooking, drinking, washing raw food, and bathing)...

PR, Newsletter or Other

生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES:Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services)は、生物多様性と生態系サービスに関する動向を科学的に評価し、科学と政策のつながりを強化する政府間のプラットフォームとして、2012年4月に設立された政府間組織で、事務局はドイツのボンに置かれています。本パンフレットはIPBESの機能、組織体制、作業計画の他、その概念枠組みと完了した、そして実施中及び将来のアセスメントについて概要を説明します。

PR, Newsletter or Other

Tonle Sap Lake is the largest flood-pulsed freshwater lake in Southeast Asia, supporting the livelihoods of millions of people living on and around the lake. However, recent changes in the lake water environment due to deterioration of water quality and decline in biological resources have caused various problems to local people living in floating...

PR, Newsletter or Other
「森林環境2020」 特集・暮らしの中の熱帯

本稿で紹介するインドネシアの東カリマンタン州は1980年代に一部の県でアブラヤシ農園開発が始まった後、特に2000年代後半から、比較的最近になってアブラヤシ農園が急拡大しており、私の調査地を含めて、今でも天然二次林が伐採されてアブラヤシ農園が造成されている。アブラヤシ農園企業と地域住民の土地の権利を巡る争いも数多く起きており、地元の新聞で報道されることも多い。このようなアブラヤシ農園の拡大はどこまで続くのか、歯止めをかけることができるのか、それを東カリマンタン州の森林の状況、政策、制度、開発、地域住民の経済状況、土地の収用といった複数の点から考える。

本稿は『グリーンパワー』月刊2019年5月号に掲載された論考が『「森林環境2020」 特集・暮らしの中の熱帯』に再掲されたものである。

...
PR, Newsletter or Other

このレポートは、2014年9月に国連事務総長主催の気候サミットで採択された森林に関するニューヨーク宣言(NYDF) について紹介し、2019年に公表された2つNYDFに関するレポートの概要の日本語訳を収録した。

1. 森林に関するニューヨーク宣言

2014年9月に国連事務総長主催の気候サミットで採択された森林に関するニューヨーク宣言(NYDF) は、2030年までに森林を保護・回復し、天然林の減少を終わらせるという10の野心的で世界的な目標を掲げてている。


2. 5年間の進捗評価レポート(概要日本語訳)

NYDFの採択から5年が経過したが、これらの目標が順調に進んでいるという証拠はほとんどなく、2020年までにNYDFの目標を達成することはおそらく不可能である...

Discussion Paper

Ecosystem-based (EB) approaches have been strongly promoted in various international environmental and development processes. As a result, they are gaining increasing attention among development practitioners, policymakers and researchers. A review of G20 national adaptation plans and related strategies revealed that member countries have...

Discussion Paper

This paper explores the current understanding regarding the Circulating and Ecological Economy (CEE) and the Regional/Local CES concepts put forward by Japan’s Fifth Basic Environment Plan. The CEE and the Regional/Local CES advance a low-carbon, self-reliant, and decentralised society based on living in harmony with nature. The Regional/Local CES...

PR, Newsletter or Other

The Satoyama Development Mechanism (SDM) was established in 2013 to promote activities in line with the Strategy and Plan of Action of the International Partnership for Satoyama Initiative (IPSI) through the provision of seed funding to promising projects proposed by IPSI members. Six projects have been selected every year, bringing the total...

PR, Newsletter or Other

This booklet has been prepared for IPSI member organisations, as well as for others who are engaged in SEPLS, to introduce the SDM and to provide snapshots of the projects implemented by our sub-grant recipients. The booklet starts with an introduction to the SDM, followed by a list and a global map of the sub-grant projects. The third section...