Results 1 - 4 of 4 (Sorted by date)
Book Chapter
In Sustainable Consumption and Production in the Asia-Pacific Region: Effective Responses in a Resource Constrained World

Water stress is a critical issue globally, in particular in developing Asia, where many people live without access to safe water. In addition to long-standing socio-economic factors such as population growth, climate change has intensified concerns over water stress. This chapter addresses the following points in the discussion on promoting...

Book Chapter
In Sustainable Consumption and Production in the Asia-Pacific Region: Effective Responses in a Resource Constrained World

Consumption of agricultural and forest products is one of many factors driving global deforestation, one of the major environmental problems of our time. Consumption patterns are associated with the loss of natural forests in the tropics. This chapter explores the relationships between consumption and demand, production, and policy options for SCP...

Book Chapter
In アジア太平洋における持続可能な消費と生産:資源制約を乗り越えてアジアは豊かさを実現できるか

水ストレスは世界的な問題であり、特に安全な水を利用できない人が多く暮らすアジアの途上国において重大な問題である。人口の増加等、長年の社会経済的要因に加え、気候変動が水ストレスに対する懸念の高まる一因となっている。本章では持続可能な水利用の推進に関し、特に政策ツールとして経済的手法の利用について以下に掲げる点について議論している。

―水ストレスの増大に対処するには、新たな水源を開発するよりも、水利用のあらゆる局面で持続可能な水消費を推進すべきである。

• アジア各国で経済的手法(EI)を適用した事例から、EIだけでは持続可能な消費を推進できないことがわかる。

• EIの導入が貧困層の安全な水へのアクセスを必ずしも妨げるわけではないが、水道への接続費用の助成等、適切な資金援助が必要である。...

Book Chapter
In アジア太平洋における持続可能な消費と生産:資源制約を乗り越えてアジアは豊かさを実現できるか

農産物と林産物の消費は、世界的な森林減少を引き起こす多くの要因の一つであり、現代の主要な環境問題の一つである。これらの消費パターンは、熱帯の天然林の消失とも結びついている。本章では、持続可能な消費と生産(SCP)と熱帯林の保全のため、消費、需要、生産と政策オプション間の関連性について検討を行う。

―林産物における持続可能な消費と生産について定義を行う。

―消費国が自主的または規制的措置をとることで、生産国の持続可能な森林管理に向けた取り組みを支援することができる。これらの措置は、さまざまな政策を組み合わせたものに加えて最終消費者による購入決定を含んでいる。

―消費国による取り組みは...