Results 1 - 10 of 29 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article

国際衛生年、水問題をめぐる世界の動き

In Jounal of Resources and Environment
Discussion Paper

Incorporating Certification into a Pro-poor Forestry Agenda: Lessons from and Options for the Asia-Pacific Region

International Conference on Poverty Reduction and Forests
Presentation

Laws, regulations and policy measures governing forest products trade in Japan

International Workshop on Policies on Trade in Timber and Timber Products
Presentation

Avoiding Land Conflict is The Key to Promoting Suitable Rehabilitation

JICA研修「アジア・アフリカ地域の荒廃地再生」
Non Peer-reviewed Article

アジア地域の地下水資源の気候変動影響に対する脆弱性を軽減する適応戦略

In 資源環境対策
Conference Paper

No-regret adaptation strategies to cope with potential impacts of climate change on groundwater resources of Asian cities

The Second International Symposium on Food and Water Sustainability in Asia 2008
Conference Proceeding

Oral Presentaion Proceedings, The 3rd WEPA International Forum on Water Environmental Governence in Asia

The 3rd WEPA International Forum on Water Environmental Governence in Asia

Remarks:

第3回アジア水ガバナンスに関するWEPA国際フォーラム発表論文集

Presentation

REDD: Progress and outstanding issues confronting negotiations

IGES policy forum on Bali to Copenhagen: Asia's Role in Climate Regime Beyond 2012
Presentation

Certifying community forestry in tropical countries and developing market linkages

Workshops on “Promoting Certified and Verified Legal Tropical Timber and Timber Products in Japan”
Policy Brief

アジア太平洋地域の発展途上国で進んでいる森林減少の最大の要因は、違法かつ持続可能でない伐採である。違法伐採によって木材輸入国が安価な木材を大量に輸入できる一方で、輸出国の自然環境、森林の管理・経営(ガバナンス)、そして森林に依存して暮らしている人々の生活が犠牲になっている。木材輸入国においても発展途上国の適正な森林管理を促進する義務があることを認識して、現在多くの政府が合法で持続可能な木材の調達を支援する公共調達政策を導入している。これは、持続可能な開発を進める上で国際貿易を活用する極めて重要な一歩である。

本ポリシー・ブリーフは、日本、英国、オランダ及びフランスで実施されている木材公共調達政策を比較し、各国の手法の共通点と相違点を検証しながら...