Results 1 - 10 of 12 (Sorted by date)
Policy Report

The Russian Far East (RFE) has long been regarded by the central government in Moscow as a timber resource base. As a result, forest resources have been exploited for timber, especially the most accessible locations with valuable resources (Newell & Wilson, 1996; Kakizawa, 1998a).
After the collapse of the Soviet Union, the exploitation of timber...

Conference Proceeding

This workshop was organized jointly by NUOL (Department of Forestry, National
University of Laos) and IGES. The main objectives were: 1) for the IGES forest conservation
project to share its research results on Lao P.D.R. and Vietnam respectively; 2) for the
participating experts and stakeholders to comment on and discuss the research results; and...

Conference Proceeding

1998 年5 月に開催された森林に関する政府間フォーラム(IFF)第2回会合において、コスタリカ政府とカナダ政府が森林に関する法的拘束力を持つ国際的な取決め(森林条約)への合意形成のためのイニシアティブを実施することを表明したのを受けて、(財)地球環境戦略研究機関/森林保全プロジェクトでは、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)の協力のもとで、「IFF と森林条約に関するブレインストーミングフォーラム」を開催した。(1998年12 月~1999 年3 月の間に3 回開催)

この中では、森林保全に関する国際的な議論の経緯を把握するとともに、関連する既存の国際条約や関連する文書の分析を行い、これまでの森林条約に関連する議論を整理した。

その結果...

Conference Proceeding

CONTENTS:
Part 1: Executive Summary
Session 1: A Review of Forest Management in Indonesia and the Philippines
Session 2: Policy Recommendations for Participatory Forest Management in Indonesia and the
Philippines and Timber Trade Policy
Session 3: Local Experiences in Indonesia
Session 4: Discussants' Comments
Session 5: Group Discussion
Plenary...

Presentation

ラオスの森林保全政策による地域住民の対応:生物多様性保全地域の事例

第111回日本林学会大会学術講演集
Conference Proceeding

The IGES Forest Conservation (FC) Project was established in 1998 for the purpose ofdeveloping forest conservation strategies based on experiences in the Asia-Pacific region. To achieve this purpose, the FC Project has been conducting research activities in target countries in the Asia-Pacific
region under a research plan scheduled to last three...

Conference Proceeding

セミナーでは、地球の友ジャパンの招きで来日した極東ロシアからのゲスト2 名と国内専門家5 名により、極東ロシアの森林保全の現状と課題について、現地および地域の二つのレベルから報告が行われた。
 現地レベルの報告では、冒頭にアルカディ・カザ氏(ロシア沿海地方先住民族ウデヘ族猟師)とアンドレイ・ザハレンコフ氏(極東ロシア非木材林産物利用協会)が、ソビエト崩壊後の混乱の中で窮地にある地域住民の実状と生き残りをかけた各種の取り組みを紹介し、日本からの支援を訴えた。
 加えて、佐々木史朗氏(国立民族博物館)と田口洋美氏(狩猟文化研究所)が、豊かな森林が育む生物多様性を基盤とした先住民族の狩猟活動について歴史的・文化的な視点を交えて紹介し、持続的森林利用の課題を示した。
 地域レベルの報告では、まず...