Results 1 - 10 of 1732 (Sorted by date)
Fact Sheet
Author:
Fedor
Myasoedov
In Japan, over 460 municipalities, so-called “Zero Carbon Cities” along with the national government have committed to reduce carbon dioxide emissions to net zero by 2050. It aims to create ”domino effect”, in which the best performing Zero Carbon Cities knock down other municipalities to turn the whole country to be carbon neutral. Goto City, a...
Discussion Paper

For cities to meet the challenge of reaching carbon neutral by 2050, one option is to promote a renovation wave for buildings. A literature review of the initiatives, standards and regulations for energy savings and the renewable energy deployment in buildings in the EU, US and Asia shows the complexity of the effort, and the need to integrate...

Peer-reviewed Article
In Global Environmental Research

The focus of SCP policy has shifted from management of environmental pollution to wider socio-technical change including infrastructure, lifestyles and business models that are sustainable over decades. This paper first examines the expansion of the SCP policy domain through changes in focus of the following two aspects; product lifecycle policy...

Translation of non-IGES Material
Author:
NYDF Assessment Partners

2014年に発表された「森林に関するニューヨーク宣言(NYDF)」の賛同者は、2020年までに森林減少を半減させるという目標を達成できず、2030年に森林減少をゼロにするという目標を達成するための軌道にも乗れていません。しかし、私たちは力を合わせれば、予想以上の力を発揮できることを知っています。力を合わせれば、不可能を可能にすることができるのです。新旧のコミットメントを具体的な行動に移すために、私たちに残された時間はありません。

このコミックブック風のまとめでは、2014年に採択されたNYDFのストーリー、これから私たちが向かうべき方向、そしてそこに到達するための方法を紹介しています。

Peer-reviewed Article
In Remote Sensing
Author:
Sk
Mithun
Mehebub
Sehana
Subrata
Chattopadhyay
Khaled
Kheder
Ram
Avtar

The mass accumulation of population in the larger cities of India has led to accelerated and unprecedented peripheral urban expansion over the last few decades. This rapid peripheral growth is characterized by an uncontrolled, low density, fragmented and haphazard patchwork of development popularly known as urban sprawl. The Kolkata Metropolitan...

Presentation
第3回合法伐採木材等の流通及び利用に係る検討会

クリーンウッド法(合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律)の見直しのプロセスで、現状や課題等について把握するための木材関係各種業界団体等からヒアリングに招待いただき、以下を提案した。

  • 違法伐採木材を日本国内で流通させることを禁止するべき
    • 法律の「趣旨」等を、社会の要求にあわせて見直す
  • 違法伐採木材を取り締まるのではなく、事業者によるデューデリジェンス(DD)実施の徹底を目指すべき
  • 政府のリソースには限りがあるため、効率的で効果的な方法を採用することが重要
    • 取り扱う木材の違法性リスクを評価し、リスクに応じて適切なリスク軽減措置の実施(DD)を求めるべき
    • CW法の普及だけでなく、デューデリジェンスの具体的な内容・手順...
Peer-reviewed Article
In ISPRS International Journal of Geo-Information
Author:
Saeid
Gharechelou
Ryutaro
Tateishi
Josaphat
Sumantyo

Soil moisture is a critical component for Earth science studies, and Synthetic Aperture Radar (SAR) data have high potential for retrieving soil moisture using backscattering models. In this study, polarimetric SAR (PALSAR: Phased Array type L-band Synthetic Aperture Radar) data and polarimetric decompositions including span, entropy/H/alpha, and...

Issue Brief

The world's major investors, banks and other financial institutions are taking note of the upcoming 26th meeting of the Conference of the Parties (COP26) to the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) to be held in November 2021, and they are committing to take actions in line with the Paris Agreement on Net Zero. At the same...

Keywords:
Policy Report

The ASEAN State of Climate Change Report (ASCCR) provides an overall outlook of the state of play of climate change issues in the ASEAN region. ASCCR is also a forward-looking report, which includes recommendations on making the transition toward 2030 and on to 2050 for both adaptation and mitigation, considering ASEAN’s development context and the...

Translation of non-IGES Material

森林に関するニューヨーク宣言(NYDF)の目標7は、「国際的に合意されたルールに則り、2度目標に適うべく、2020年以降の気候に関する世界的な合意の一部として、森林減少と森林劣化による排出量の削減を2015年に合意すること」である。国際的な気候アジェンダにおいて森林が極めて重要な役割を果たすということが、パリ協定に明記されたことで、森林に関するニューヨーク宣言(NYDF)の目標7は達成されたことになる。しかし、気候危機を緩和するためには森林が不可欠であるという国際的な認識にもかかわらず、世界中で森林減少と劣化が続いており、世界的に森林の保護、回復、持続可能な管理がかつてないほど急務となっている。そのため、NYDFアセスメントパートナーズは、世界の森林の保護、回復...